医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Retina Medicine > Retina Medicine 2023年春号(Vol.12 No.1)

Retina Medicine 2023年春号(Vol.12 No.1)

■編集主幹
石田  晋:北海道大学大学院医学研究院眼科学教室教授
■編集幹事
小沢 洋子:藤田医科大学東京先端医療研究センター臨床再生医学講座アイセンター教授
近藤 峰生:三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座眼科学教授
園田 康平:九州大学大学院医学研究院眼科学分野教授
中澤  徹:東北大学大学院医学系研究科神経感覚器病態学講座眼科学分野教授
安川  力:名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学教授
山城 健児:高知大学医学部眼科学講座教授

  • A4判/84頁
  • 2022年4月発行
商品コード : 978-4-86550-590-0
価格 : 3,080円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集: 臨床に役立つトランスレーショナルリサーチ
本特集では、臨床応用という「出口」までを見据えたトランスレーショナルリサーチの現状を各分野のエキスパートにご執筆いただいた。日本国内の成果を中心に、現在のトレンド、基礎的な知見、今後の展望などをわかりやすく解説いただいており、臨床中心の医療者にも非常に読み応えのある特集となっている。今号を是非ご覧いただき、情報のアップデートにお役立ていただきたい。

■座談会: 専門分野の選び方,深め方
石田  晋,小沢 洋子,近藤 峰生,園田 康平
中澤  徹,安川  力,山城 健児

■特集: 臨床に役立つトランスレーショナルリサーチ
  Overview(序) 中澤 徹
  ぶどう膜炎のトランスレーショナルリサーチ 中野 聡子
  遺伝子治療のトランスレーショナルリサーチ 西口 康二
  再生医療のトランスレーショナルリサーチ 尾崎 篤汰ほか
  緑内障のトランスレーショナルリサーチ
  〜神経ステロイドによるオートファジーの活性化と神経保護効果〜 石川 誠
  網膜中心動脈閉塞症のトランスレーショナルリサーチ 池田 華子
  血管新生のトランスレーショナルリサーチ 福嶋 葉子
  眼内炎のトランスレーショナルリサーチ 岸本 達真ほか
  近視のトランスレーショナルリサーチ 栗原 俊英

連載
注目のイチオシ論文 ―やさしく解説― 第22回
  ヒト多能性幹細胞由来の網膜オルガノイド錐体は
  霊長類の中心窩錐体を模倣した光応答特性を示す 本間 耕平

日本人のヒット論文 ―本音で語る苦労話― 第21回
  後期緑内障の中心視機能を脅かす因子の長期前向き観察研究
  〈論文レビュー〉 杉崎 顕史
  〈インタビュー〉
 石田 晋 中澤 徹
 
●Retina 施設めぐり 第22回
  研究室編  岐阜薬科大学生体機能解析学大講座薬効解析学研究室 中村 信介
  外来施設編 愛知医科大学病院眼科 坪井 孝太郎

●今さら聞けないQ&A 第22回
    Q1 強度近視・高度近視・病的近視・変性近視について
          言葉の意味と定義を教えてください 高橋 洋如
 
ミニ知識コーナー
  Retina 百科 第22回
  新型コロナウイルスワクチン
  COVID-19 vaccine接種後に発症する眼炎症性疾患 八坂 裕太ほか

ページトップへ