医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Keynote R・A

Keynote R・A

全14件

  • Keynote R・A 2017年1月号 (Vol.5 No.1)

    Keynote R・A 2017年1月号 (Vol.5 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-237-4

    ■特集:関節リウマチ滑膜のbiology update 関節リウマチ治療にとって滑膜は重要なファクターであり、早期診断・治療のもと進行を抑制し関節破壊を防ぐことが必要となる。本特集では、関節リウマチの病態形成に関わる滑膜の諸因子を解説頂いた。滑膜を標的とした関節...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2017年12月号 (Vol.5 No.3)

    Keynote R・A 2017年12月号 (Vol.5 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-237-4

    ■特集:免疫チェックポイント阻害薬:免疫学から理解する副作用 近年、がんの新しい治療薬として注目を浴びている免疫チェックポイント阻害薬は、その作用機序から免疫関連有害事象(irAE)という副作用が問題となる。本特集では、その作用機序と免疫からの考察に加え、...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2016年10月号 (Vol.4 No.4)

    Keynote R・A 2016年10月号 (Vol.4 No.4)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-191-9

    ■特集:運動器疾患の再生を探る リウマチ等による関節破壊は患者にQOLの著しい低下をもたらす。関節破壊をいかに予防・治療するかは重大な課題であるが、近年の研究の進展により細胞移植や遺伝子制御等の再生治療が注目を浴びている。本特集では、関節の各組織に焦...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2016年7月号 (Vol.4 No.3)

    Keynote R・A 2016年7月号 (Vol.4 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-191-9

    ■特集:自己免疫-自己炎症-免疫不全の関係を探る 自己免疫-自己炎症-免疫不全のそれぞれの病態は、複雑な相関関係のもとに成り立っており、現状では不明な点も多い。しかし、遺伝子の同定など研究も進み、将来的には各免疫機構の以上に応じた治療が可能になることが...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2016年4月号 (Vol.4 No.2)

    Keynote R・A 2016年4月号 (Vol.4 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-171-1

    ■特集:慢性炎症と免疫疾患 免疫疾患による慢性炎症において、リンパ球が重要な役割を果たしていることが明らかになってきた。本特集では、急性大動脈解離、二次進行型多発性硬化症、慢性アレルギー炎症肺の病態並びに交感神経によるリンパ球動態制御に注目し、最新...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2016年1月号 (Vol.4 No.1)

    Keynote R・A 2016年1月号 (Vol.4 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-148-3

    ■特集:関節リウマチに対する抗IL-6/IL-6受容体療法の新たな展開 わが国で開発された抗IL-6受容体抗体を嚆矢として、関節リウマチにおいて重要な役割をもつIL-6及び受容体を標的とした薬剤の開発が進められている。これらが上市されれば今後のリウマチ治療の進展が...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2014年1月号 (Vol.2 No.1)

    Keynote R・A 2014年1月号 (Vol.2 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-946-8

    ■特集:炎症・免疫疾患に対する生物学的製剤とその標的 人体に100兆個も存在する常在細菌叢は、消化管に限らず、皮膚、口腔、気道など、生体が外界に接触する部位に広がっている、個々の細菌は病原性が弱いことが知られているがし、さまざまな要因が常在細菌の変調...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2014年4月号 (Vol.2 No.2)

    Keynote R・A 2014年4月号 (Vol.2 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-969-7

    ■特集:関節破壊のバイオマーカー 関節破壊は変形性関節症や関節リウマチによって進行するが、生活の質に大きな影響を与える病態である。治療にあったては関節の状態を把握することが必須であり、そのためにバイオマーカーが重要となってくる。本特集では、関節を...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2014年7月号 (Vol.2 No.3)

    Keynote R・A 2014年7月号 (Vol.2 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-999-4

    ■特集:自己免疫・炎症を抑制しうる新規細胞・分子とその機能 近年では医療の進歩により、関節リウマチの治療には炎症性サイトカインや細胞を標的とした生物学的製剤が主となっている。しかし、自己免疫疾患においていまだ機序の不明な分子も多く、解明が望まれる...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2014年10月号 (Vol.2 No.4)

    Keynote R・A 2014年10月号 (Vol.2 No.4)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-025-7

    ■特集:関節リウマチの早期診断と治療 未分化関節炎の関節症状が複数化、長期化、固定化してくるとともに、早期関節リウマチとなる。早期診断・治療が重要となるが、疾患感受性遺伝子の同定や、高感度画像診断の有用性が報告されている。本特集では、早期関節リウ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2015年1月号 (Vol.3 No.1)

    Keynote R・A 2015年1月号 (Vol.3 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-050-9

    ■特集:常在細菌と炎症・免疫疾患 人体に100兆個も存在する常在細菌叢は、消化管に限らず、皮膚、口腔、気道など、生体が外界に接触する部位に広がっている、個々の細菌は病原性が弱いことが知られているがし、さまざまな要因が常在細菌の変調を産み出し、それが自...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2015年7月号 (Vol.3 No.3)

    Keynote R・A 2015年7月号 (Vol.3 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-097-4

    ■特集:リウマチ性疾患における骨軟骨破壊に関わる細胞たち リウマチ性疾患において関節破壊は重篤な症状であり、破骨細胞が重要な役割を担っている事は知られていた。近年では、その他の細胞も直接・間接的に関節破壊に寄与するメカニズムが明らかになってきた。...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2015年10月号 (Vol.3 No.4)

    Keynote R・A 2015年10月号 (Vol.3 No.4)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-123-0

    ■特集:抗炎症・抗自己免疫への新たな戦略 炎症性疾患・自己免疫疾患の代表的な疾患であるリウマチに対する治療として生物学的製剤が登場し、寛解を目指す治療が可能となった。近年では、炎症・自己免疫に対するアプローチとして、細胞やサイトカイン、腸内を標的...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • Keynote R・A 2015年4月号 (Vol.3 No.2)

    Keynote R・A 2015年4月号 (Vol.3 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-075-2

    ■特集:自然免疫を介した自己免疫疾患病態の理解 自然免疫はわれわれが生まれながらに持っている主要な防御システムであり、体内に侵入した病原体などの認識・排除に働く。また、この際に抗原を提示することで、獲得免疫につながっていく。近年、自然免疫応答の構...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト

ページトップへ