医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Retina Medicine > Retina Medicine 2022年秋号(Vol.11 No.2)

Retina Medicine 2022年秋号(Vol.11 No.2)

■編集主幹
石田  晋:北海道大学大学院医学研究院眼科学教室教授
■編集幹事
小沢 洋子:聖路加国際病院眼科部長/聖路加国際大学研究教授
近藤 峰生:三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座眼科学教授
園田 康平:九州大学大学院医学研究院眼科学教授
中澤  徹:東北大学大学院医学系研究科神経感覚器病態学講座眼科学分野教授
安川  力:名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学教授
山城 健児:高知大学医学部眼科学講座教授

  • A4判/88頁
  • 2022年10月発行
商品コード : 978-4-86550-568-9
価格 : 3,080円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集: いま知っておくべき注目の病態名
本特集では、マルチモーダルイメージングの発達と病態研究の進歩によって近年注目されている病態所見および疾患概念を並べ、各分野のエキスパートに最新の知見をご解説いただいている。本特集は日常診療への活用にとどまらず、「知ることで学会・講演がもっと楽しくなる」ような充実した内容となっている。今号を是非ご覧いただき、眼科の臨床・研究にお役立ていただきたい。

■特集: いま知っておくべき注目の病態名
  Overview(序) 石田 晋
  Paracentral acute middle maculopathy
  (PAMM)
原 千佳子
  Ectopic inner foveal layers(EIFLs) 長谷川 泰司
  Disorganization of the retinal inner layers
  (DRIL) 中野 絵梨
  Retinal Pigment Epithelial and
  Outer Retinal Atrophy(iRORA/cRORA) 永井 紀博ほか
  Trickling Geographic Atrophy と
  類縁疾患 角田 和繁
  Epiretinal proliferation(EP) 的場 亮ほか
  強度近視眼における
  Intrachoroidal cavitation  吉田 武史
  Immune recovery uveitis(IRU)/
  Chronic retinal necrosis(CRN) 伊東 崇子ほか

■連載
注目のイチオシ論文 ―やさしく解説― 第21回
  オプトジェネティクスを応用した
  治療による視機能の部分的回復 栗原 俊英

日本人のヒット論文 ―本音で語る苦労話― 第20 回
  超広角OCT で観察される硝子体と網膜血管の癒着は
  近視性黄斑分離症の発症に関与する
  〈論文レビュー〉 高橋 洋如
  〈インタビュー〉
高橋 洋如 小沢 洋子 近藤 峰生
  近視の有病率と一般的な日本人における
  眼球形状パラメータの特徴
  〈論文レビュー〉 中尾 真也
  〈インタビュー〉
中尾 真也 三宅 正裕 小沢 洋子 安川  力
 
●Retina 施設めぐり 第21回
  研究室編 筑波大学医学医療系眼科Advanced Vision Science 研究室
福田 慎一
  外来施設編 佐賀大学医学部附属病院眼科 山本 聡一郎

●今さら聞けないQ&A 第21回
    Q1 両眼(同時)視野でどのようなことが
          わかるのでしょうか? 野本 裕貴
    Q2 ISCEV に準じて録るERGってどのようなERG ですか? 篠田  啓
 
ミニ知識コーナー
  Retina 百科 第21回
  ImageJ の活用法 椎原 秀樹

ページトップへ