医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > IBD Research

IBD Research

全12件

  • IBD Research 2020年12月号 (Vol.14 No.4)

    IBD Research 2020年12月号 (Vol.14 No.4)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-476-7

    ■特集:UC,CD以外の希少性難治性炎症性腸疾患 本特集では狭義の炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎とクローン病)以外の希少性難治性腸疾患のなかでも、わが国において病因の解明、診断基準作成や治療法の確立・開発が行われてきた疾患を取り上げる。本特集を参考に最新の知識...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • IBD Research 2020年9月号 (Vol.14 No.3)

    IBD Research 2020年9月号 (Vol.14 No.3)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-476-7

    ■特集:IBD話題の治療法の現況を知る! ステロイドと5-ASA製剤が治療の中心であった1990年代を経て、2002年抗TNFα抗体製剤の登場、さらに近年Janus kinase 阻害薬などの低分子化合物が使用可能となり、治療法の選択肢の多様化により、IBD の治療概念、疾患概念が大き...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2020年6月号 (Vol.14 No.2)

    IBD Research 2020年6月号 (Vol.14 No.2)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-467-5

    ■特集:皆で診る! IBD:多職種連携と地域医療 わが国のIBD治療は、患者数の増加と治療法の多様化から、限られた専門医療機関のみでカバーすることがむずかしくなってきている。また、治療もTreat to Target strategyに代表される長期的視野に立った治療戦略が求められ...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2020年3月号 (Vol.14 No.1)

    IBD Research 2020年3月号 (Vol.14 No.1)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-450-7

    ■特集:IBD に合併する悪性腫瘍の診断と治療Update ! IBDの画像診断法はかつてバリウムX線と通常内視鏡のみであった時代からテクノロジーの進歩により多様なModalityが用いられるようになった。IBDの治療法の進歩ともリンクし多岐多用な目的で用いられ診療に活かされ...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2019年12月号 (Vol.13 No.4)

    IBD Research 2019年12月号 (Vol.13 No.4)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-421-7

    ■特集:IBDの新規分子標的治療を理解する! 抗TNFα抗体製剤がIBD治療を大きく進歩させてきたが、2017〜2019年よりついに他の分子標的治療薬が使用可能となった。本特集ではこの新規薬ウステキヌマブ、ベドリズマブ、トファシチニブに主眼を置いてIBD治療を解説する。...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • IBD Research 2019年9月号 (Vol.13 No.3)

    IBD Research 2019年9月号 (Vol.13 No.3)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-421-7

    ■特集:IBDの腸管外合併症を機序から紐解く! IBDの病態は複雑である。腸管のみならず全身状態に気を配る必要がある。われわれ臨床医は幅広い知識と、日頃から多科との連携を密に保ち、IBDの多様な病態に対応する必要がある。本特集では、皮膚病変、関節病変、原発性...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • IBD Research 2019年6月号 (Vol.13 No.2)

    IBD Research 2019年6月号 (Vol.13 No.2)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-402-6

    ■特集:日本から発信する! IBDのゲノム医療 ゲノム情報は医療の現場で患者や病態を理解し,治療に活用できる情報となりうる. 本特集では,IBDの病因・病態の理解,患者個人の診断,治療にゲノム情報をどう活用できるか,最近実用化されたばかりのNUDT15遺伝子多型検査の...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2019年3月号 (Vol.13 No.1)

    IBD Research 2019年3月号 (Vol.13 No.1)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-390-6

    ■特集:実践!IBDのImaging Modalityを網羅する IBDの画像診断法はかつてバリウムX線と通常内視鏡のみであった時代からテクノロジーの進歩により多様なModalityが用いられるようになった。IBDの治療法の進歩ともリンクし多岐多用な目的で用いられ診療に活かされている...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2018年12月号 (Vol.12 No.4)

    IBD Research 2018年12月号 (Vol.12 No.4)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-367-8

    ■特集:疫学的検討からみるIBD診療の現状と未来への展望 まれな疾患であったIBDが近年わが国でも患者が急増し、診療が専門医のみならず一般医家にも普及しつつある現状は本疾患の大きな疫学的変遷の渦中にあるといえる。治療の選択肢がきわめて少なかった本疾患が、...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • IBD Research 2018年9月号 (Vol.12 No.3)

    IBD Research 2018年9月号 (Vol.12 No.3)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-353-1

    ■特集:わが国のIBDの新規治療薬を網羅する! 近年、インフリキシマブを旗手として、IBDの内科治療は飛躍的に進歩している。免疫調節薬、白血球除去療法、新規ステロイド製剤、ドラッグデリバリーシステムを工夫した5‒ASA製剤などの登場により、従来症状を改善...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2018年6月号 (Vol.12 No.2)

    IBD Research 2018年6月号 (Vol.12 No.2)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-343-2

    ■特集:IBDの類縁疾患を知り,鑑別する! 腸炎は、同じ疾患でも多様な、違う疾患でも似たような内視鏡所見を呈することがその鑑別診断を困難にしている大きな理由であり、もう一つは腫瘍性病変と異なり病理診断が絶対ではないということがある。腸炎を鑑別するためには...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • IBD Research 2018年3月号 (Vol.12 No.1)

    IBD Research 2018年3月号 (Vol.12 No.1)

    2,200円(税込)

    • 978-4-86550-326-5

    ■特集:IBD治療薬の最適化とは? IBDの治療選択肢は近年飛躍的に進歩し増加している。一方でいまだ難治のため外科手術が必要になる症例が後を絶たない。選択肢の増加は患者に適切に還元されているのであろうか?本特集では、現在の選択肢の有効性を最大に引き出し、患...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト

ページトップへ