医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 分子精神医学

分子精神医学

全18件

  • 分子精神医学 2019年1月号 (Vol.19 No.1)

    分子精神医学 2019年1月号 (Vol.19 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-376-0

    ■特集認知行動療法の進歩:研究と臨床の最前線 認知行動療法(CBT)は認知や行動のパターンを修正することにより、感情の改善を図り、問題解決へとつなげていく精神療法である。CBTは臨床試験データより、さまざまな精神疾患の治療効果や再発予防効果が示されており、...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2018年7月号 (Vol.18 No.3)

    分子精神医学 2018年7月号 (Vol.18 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-344-9

    ■特集ビッグデータ時代の精神医学 ビッグデータは情報技術や人工知能技術の進歩に伴い、昨今、頻繁に耳にする言葉である。ビッグデータの医学への導入は精神医学の分野でもすでに始まっており、ゲノム領域はもとより、社会精神医学研究から臨床実践まであらゆる領域...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2018年4月号 (Vol.18 No.2)

    分子精神医学 2018年4月号 (Vol.18 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-330-2

    ■特集記憶エングラムの神経回路と精神疾患 現在、光遺伝学を駆使した記憶に関する研究や記憶想起に関わる神経回路の知見の集積が進んでいる。本特集ではこれらの成果を基に、精神疾患特にPTSDをはじめとする不安症のメカニズムについて、世界の第一線で活躍される研...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2018年10月号 (Vol.18 No.4)

    分子精神医学 2018年10月号 (Vol.18 No.4)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-361-6

    ■特集睡眠医科学 睡眠不足は社会に大きな影響を与え、人々の睡眠への関心が高まっている。また、光遺伝学や化学遺伝学などの技術が進展し、睡眠覚醒制御に関する神経回路が次々と同定されており、睡眠・覚醒は現在、特に注目を集めている研究分野である。本特集では...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2017年10月号 (Vol.17 No.4)

    分子精神医学 2017年10月号 (Vol.17 No.4)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-295-4

    ■特集自閉スペクトラム症(ASD)研究の動向 自閉スペクトラム症(ASD)研究は、精神障害のなかでも特に病態に基づき、臨床へとつなげようとする試みが成されている。このような背景からASDの病態を理解するうえで、基礎研究者と臨床研究者が互いの研究への理解を深め...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2017年7月号 (Vol.17 No.3)

    分子精神医学 2017年7月号 (Vol.17 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-275-6

    ■特集精神疾患のバイオマーカー いわゆる内因性の精神疾患はがんや糖尿病などの身体疾患とは異なり、客観的なバイオマーカーが確立しておらず、患者の主観的な訴えをもとに評価せざるを得ない。一方、近年、精神疾患の病態解明研究が急速に進歩しており、臨床に有...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2017年1月号 (Vol.17 No.1)

    分子精神医学 2017年1月号 (Vol.17 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-230-5

    ■特集腸内フローラと精神健康・精神疾患 オプトジェネティクスが登場して10年が経過し、この技術を用いて何を解くかが問われる時代となった。本特集ではオプトジェネティクスを用いた多岐に渡る研究を取り上げた。ご執筆頂いた研究者の先生方がどのようなリサーチ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2017年4月号 (Vol.17 No.2)

    分子精神医学 2017年4月号 (Vol.17 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-258-9

    ■特集アルツハイマー病の次世代診断・治療に向けた新知見 アルツハイマー病(AD)に対する病態修飾薬を用いた臨床治験が開始されてから数年が経過したが、いまだ有効性を示す結果は得られていないのが現状である。治験の結果を通じて、病態の本質に迫り、治療法を確...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2014年4月号 (Vol.14 No.2)

    分子精神医学 2014年4月号 (Vol.14 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-964-2

    ■特集自閉症の分子基盤 社会構造の変化や国際的統一診断基準の整備、新知見の集積などの理由により、自閉症など“子どものこころの”の問題は最近特に注目を浴びており、学術的関心・社会的関心においても今世紀、人類の有する主要課題になったと言って...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2016年7月号 (Vol.16 No.3)

    分子精神医学 2016年7月号 (Vol.16 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-187-2

    ■特集‌精神神経疾患における全エクソーム/全ゲノム解析の現状と展望 2009年に全エクソーム解析で遺伝病の原因遺伝子が同定されて以来、今や10万円で全エクソーム解析が可能な時代となり、研究の裾野は広がるばかりである。本特集では、各精神疾患における全...

    品切れ

    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2016年10月号 (Vol.16 No.4)

    分子精神医学 2016年10月号 (Vol.16 No.4)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-210-7

    ■特集 iPS細胞を用いた精神疾患の研究 2007年にiPS細胞樹立法が確立されて以来、iPS細胞を用いた精神疾患研究はこれまでの研究の限界を克服する可能性を示してきた。 本特集はiPS細胞を用いた精神疾患の研究と題し、細胞分化技術に関するイントロダクションを皮切...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2016年4月号 (Vol.16 No.2)

    分子精神医学 2016年4月号 (Vol.16 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-166-7

    ■特集こころの動物モデル―サカナからサルまで― エンドフェノタイプという概念の広がりやゲノム編集技術の進展などにより、動物モデルは精神疾患の病態理解において、重要なツールとなってきた。本特集では、サカナからサルまで各種の動物モデルの専門家にご執筆頂...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2016年1月号 (Vol.16 No.1)

    分子精神医学 2016年1月号 (Vol.16 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-86550-142-1

    ■特集オプトジェネティクスが拓く未来 オプトジェネティクスが登場して10年が経過し、この技術を用いて何を解くかが問われる時代となった。本特集ではオプトジェネティクスを用いた多岐に渡る研究を取り上げた。ご執筆頂いた研究者の先生方がどのようなリサーチク...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2013年7月号 (Vol.13 No.3)

    分子精神医学 2013年7月号 (Vol.13 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-898-0

    ■特集精神疾患と神経疾患の境界領域 ニューロフィードバックは自分の脳活動をリアルタイムで調整することを学習していく技術であり、自己治療を目指す治療法としてその可能性が期待される。こうした背景を受け、統合失調症やうつ病など各疾患におけるニューロフィ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2014年7月号 (Vol.14 No.3)

    分子精神医学 2014年7月号 (Vol.14 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-992-5

    ■特集ニューロフィードバック:精神疾患治療への応用 ニューロフィードバックは自分の脳活動をリアルタイムで調整することを学習していく技術であり、自己治療を目指す治療法としてその可能性が期待される。こうした背景を受け、統合失調症やうつ病など各疾患にお...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2012年1月号 (Vol.12 No.1)

    分子精神医学 2012年1月号 (Vol.12 No.1)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-760-0

    ■特集酸化ストレス・炎症と精神疾患 慢性炎症は従来の四大疾病の病態生理に重要な役割を果たし、これら四大疾病はうつ病との合併が多いことが知られている。一方、神経変性疾患や統合失調症、気分障害においても慢性炎症のかかわりが指摘されており、慢性炎症と精...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2012年4月号 (Vol.12 No.2)

    分子精神医学 2012年4月号 (Vol.12 No.2)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-784-6

    ■特集海馬の構造・機能障害と精神疾患 大脳辺縁系の一部である海馬は、記憶機能と情動機能に関与していると考えられている。精神・神経疾患の臨床症状の背景には、記憶機能や情動機能の障害が推測される。本特集では精神疾患の病態と海馬の構造・機能の障害との関...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 分子精神医学 2012年7月号 (Vol.12 No.3)

    分子精神医学 2012年7月号 (Vol.12 No.3)

    2,530円(税込)

    • 978-4-88407-812-6

    ■特集ニューロサイエンス最前線 精神疾患は脳の病気と考えられているが、その原因はいまだ完全には解明されていない。精神疾患の臨床・研究に携わる医師が、脳研究の最先端を知ることは精神疾患理解への鍵となるであろう。本特集では第一線で活躍する研究者に、ニ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト

ページトップへ