医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Thrombosis Medicine > Thrombosis Medicine 2023年12月号 (Vol.13 No.4)

Thrombosis Medicine 2023年12月号 (Vol.13 No.4)

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学副学長
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学名誉教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院病院長兼消化器・肝臓病センター名誉センター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院救急集中治療センター顧問兼救急集中治療センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学総合医療センター血栓止血センター教授・センター長

  • A4判/68頁
  • 2023年12月発行
商品コード : 978-4-86550-615-0
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集【中枢神経侵襲と凝固線溶反応,DIC
本特集では、頭部外傷や脳卒中の急性期疾患から、神経変性疾患や膠原病などを含む慢性疾患まで、多岐にわたる中枢神経疾患における凝固線溶と炎症反応の深い関わりを、基礎および臨床の視点から専門家が解き明かす。これまで断片的にのみ解説されてきた中枢神経疾患の病態と凝固線溶反応を領域横断的に理解することが可能である。各領域の一線で活躍する医師の方々の病態理解と、一人でも多くの患者さんの予後改善に役立てていただきたい。

■序文 和田 剛志
 
特集【中枢神経侵襲と凝固線溶反応,DIC】
 中枢神経系における炎症・凝固線溶反応 大西 正俊
 中枢神経系におけるt-PA 俣野 泰毅
 脳卒中と凝固線溶反応 永井 信夫
 頭部外傷合併凝固線溶異常の病態,治療,管理の考え方 中江 竜太
 中枢神経疾患とトラネキサム酸 高橋 正樹
 自己免疫疾患に生じる中枢神経障害と凝固線溶反応 河野 通仁

連載【血小板血栓症―最近の話題】
第3回 TTP/HUSの発症メカニズム 霏次ゝ史ほか
◆連載【抗リン脂質抗体症候群】
第3回 抗リン脂質抗体症候群と動静脈血栓症 家子 正裕
 
◆連載【スナップショット─興味深い!症例を画像から学ぶ─
第4回 産科自験例─常位胎盤早期剝離 小林 隆夫

◆連載敗血症診療ガイドライン2020 DICの診断と治療】
第4回 敗血症性DICと鑑別すべき病態 渡邉 栄三

ページトップへ