医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > 消化器病学サイエンス > 消化器病学サイエンス 2022年9月号 (Vol.6 No.3)

消化器病学サイエンス 2022年9月号 (Vol.6 No.3)

■編集顧問
渡辺  守:東京医科歯科大学副学長・学術顧問 高等研究院特別栄誉教授
■編集幹事
猿田 雅之:東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科主任教授
仲瀬 裕志:札幌医科大学医学部消化器内科学講座教授
久松 理一:杏林大学医学部消化器内科学教授
溝口 充志:久留米大学医学部免疫学講座主任教授

  • A4判/72頁
  • 2022年9月発行
商品コード : 978-4-86550-557-3
価格 : 2,750円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集:消化管から全身を診る!
〜消化管ホルモンや神経ペプチドは内科治療の中心になる?〜
本号では、消化管で産生する、あるいは作用しうるさまざまなホルモンに注目し、消化管機能や疾患へのかかわり、治療薬としての可能性について明らかにすることを目的としている。若手の先生方にまだまだ未知の部分も多い消化管ホルモンの現状と展望を知っていただくとともに、作用や治療応用への探究心を向上させ、さらなる研究課題の抽出や新規薬剤の開発に向けたアイデアを得る機会となれば幸いである。

座談会 
消化管ホルモンの最前線〜消化管ホルモンから全身を診る〜
 猿田雅之,坂本昌也,鈴木秀和,北村和雄
          
特集   消化管から全身を診る!
  〜 消化管ホルモンや神経ペプチドは内科治療の中心になる? 〜
  Overview      猿田雅之
  消化管ホルモン(グレリン)と摂食調節機構,
   上部消化管がん集学的治療における役割 山本和義ほか
  消化管ホルモンと糖尿病のかかわり 坂本昌也
  消化管ホルモン(ガストリンやモチリン)による消化管運動作用 森 英毅ほか
  アドレノメデュリンの消化管運動や炎症への役割 芦塚伸也ほか
  消化管ホルモンのセロトニンの分泌と役割 下平陽介ほか
  消化管におけるストレス関連ペプチドの発現と役割   高橋和広 
  
□連載
キーワード
  No.58 青黛 長沼 誠
  No.59 芳香族炭化水素受容体(AhR) 鎌田 研ほか
  No.60 IL-22 杉本 健
          
日本から発信されたサイエンス
  No.40 直腸扁平上皮化と潰瘍性大腸炎関連腫瘍の
     領域拡大における上皮置換の寄与 杉本真也ほか
  No.41 腸内細菌および免疫シグナル依存的腸管バリア
     担当Fut2パネート細胞の発見 神岡真理子ほか
          
知らなきゃ損  腸管免疫学っておもしろい! 第21回
  いま注目のインフラマソーム〜炎症応答惹起を制御する装置〜 東森 啓ほか

Lab.Scope 研究室にようこそ 第2回
三好 潤

ページトップへ