医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > 消化器病学サイエンス > 消化器病学サイエンス 2022年3月号 (Vol.6 No.1)

消化器病学サイエンス 2022年3月号 (Vol.6 No.1)

■編集顧問
渡辺  守:東京医科歯科大学副学長・学術顧問 高等研究院・特別栄誉教授
■編集幹事
猿田 雅之:東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科主任教授
仲瀬 裕志:札幌医科大学医学部消化器内科学講座教授
久松 理一:杏林大学医学部消化器内科学教授
溝口 充志:久留米大学医学部免疫学講座主任教授

  • A4判/68頁
  • 2022年3月発行
商品コード : 978-4-86550-537-5
価格 : 2,750円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集:食の謎にせまる
食の役割には、いまだ多くの謎が残る。本座談会・特集では「食材」という包括的側面から、各専門家の先生方に食によるIBD の予防、寛解維持、さらには治療効果増強に貢献できる潜在性などについてご解説いただいた。

座談会 
  食でどこまでIBDの予防・治療にせまれるか?
 溝口充志、金井隆典、杉本 健、平岡佐規子
          
特集   食の謎にせまる
  Overview           溝口充志
  脂肪食の謎 安藤 朗
  発酵食品の謎 内藤裕二
  食物繊維の謎 穂苅量太ほか
  フルーツ,抗酸化物質の謎 日浅陽一ほか
  オリーブオイルの謎 Jasmine F Millmanほか
  トマトの謎 伴 郁穂ほか
           
□連載
キーワード
  No.52 成体幹細胞マーカーLGR5:構造とシグナル伝達 阿栄高娃ほか
  No.53 腸管上皮細胞 渡辺 諭ほか
  No.54 腸管上皮オルガノイド 杉本真也
          
日本から発信されたサイエンス
  No.36 潰瘍性大腸炎における
     抗インテグリンαvβ6抗体の同定 錨聴劼曚
  No.37 腸内細菌代謝物・酢酸による
     腸内細菌・IgA 相互作用の制御 竹内直志ほか
          
知らなきゃ損  腸管免疫学っておもしろい! 第19回
  戦う敵を失って,自らが悪役になった白血球〜好酸球について〜 林 亮平

ページトップへ