医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Retina Medicine > Retina Medicine 2024年春号(Vol.13 No.1)

Retina Medicine 2024年春号(Vol.13 No.1)

■編集主幹
石田  晋:北海道大学大学院医学研究院眼科学教室教授
■編集幹事
小沢 洋子:藤田医科大学東京先端医療研究センター臨床再生医学講座アイセンター教授
近藤 峰生:三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座眼科学教授
園田 康平:九州大学大学院医学研究院眼科学分野教授
中澤  徹:東北大学大学院医学系研究科神経・感覚器病態学講座眼科学分野教授
安川  力:名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学教授
山城 健児:高知大学医学部眼科学講座教授

  • A4判/84頁
  • 2024年6月発行
商品コード : 978-4-86550-637-2
価格 : 3,080円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集: Next Generation 診療・研究 マイブーム!
本特集では新進気鋭の若手医師を筆者に選び、眼科の診療・研究における「ブーム」、すなわち各筆者が注目する分野・テーマ、研究活動、その成果などを自由に執筆いただいた。本特集をご覧いただき、次世代を担う若手の力強いエネルギーと柔軟な考え方を実感していただきたい。

■特集: Next Generation 診療・研究 マイブーム!
  Overview(序) 近藤 峰生
  眼底写真の新たな評価方法〜Oculomics新時代〜 福津 佳苗
  最大網膜皺襞深度にもとづく手術適応基準の追求 神 勇希
  中心性漿液性脈絡網膜症の治療介入時期を考える 船津 諒
  機械学習を用いたOCT画像による臨床予後予測の取り組み 間瀬 陽子
  レセプトデータベースの強みと限界をふまえた利活用 木戸 愛
  病的近視の発症予防につながる前向きコホート研究 上田 瑛美
  パッシブ型手術支援用ロボットによる手ぶれ抑制の定量的評価   田中 慎
  疫学的な視点を実臨床へ:限られたリソースでの最適解の探求 羽入田 明子

■連載
注目のイチオシ論文 ―やさしく解説― 第24回
  眼底画像から汎用的に疾患検出が可能な基盤モデルの構築 秋山 雅人

日本人のヒット論文 ―本音で語る苦労話― 第23回
  COVID-19ワクチン接種後の眼有害事象:
  大規模データベースを用いたマッチトコホート
  および自己対照ケースシリーズ研究
  〈論文レビュー〉 橋本 洋平
  〈インタビュー〉
 橋本 洋平 園田 康平 山城 健児
  トキソプラズマ性網脈絡膜炎における
  網膜フェロトーシスの証明
  〈論文レビュー〉 山田 和久
  〈インタビュー〉
山田 和久 石田 晋 小沢 洋子
 
●Retina 施設めぐり 第24回
  研究室編  順天堂大学医学部附属浦安病院眼科 大内 亜由美
  外来施設編 山形大学医学部附属病院眼科 破 昌彦

●今さら聞けないQ&A 第24回
    Q1 遺伝子治療ができるようになった病気について教えてください 國吉 一樹
    Q2 Ang2って何ですか? 福嶋 葉子
 
ミニ知識コーナー
  Retina 百科 第24回
  萎縮型AMDの治療戦略と世界の趨勢 上田 奈央子

ページトップへ