医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > 炎症と免疫 > 炎症と免疫 2024年7月号 (Vol.32 No.4)

炎症と免疫 2024年7月号 (Vol.32 No.4)

■編集主幹
竹内 勤:埼玉医科大学学長/慶應義塾大学名誉教授
■編集委員
大石由美子:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科病態代謝解析学教授
亀田 秀人:東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長

藤尾 圭志:東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学教授

  • B5判/80頁
  • 2024年6月発行
商品コード : 978-4-86550-639-6
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集〈Basic Science〉神経系疾患における炎症と免疫
■特集〈Clinical Science〉ここが変わった,新しくなった! ANCA関連血管炎Up to date
■特集〈Basic Science〉神経系疾患における炎症と免疫
中枢神経系の障害は運動・感覚・感情などに影響を及ぼし、患者のQOLを著しく低下させる。近年、神経系における炎症・免疫がさまざまな神経精神疾患に重要な役割を果たしているがわかってきた。本特集を病態の更なる理解に役立てていただければ幸いである。
■特集〈Clinical Science〉ここが変わった、新しくなった! ANCA関連血管炎Up to date
ANCA関連血管炎の臨床、研究をとりまく環境は大きな転換期を迎えた。本特集では新しい分類基準や治療方針の詳細な解説とともに、病態・臨床研究の最前線にも触れている。日常診療に役立てていただくとともに病態の更なる理解につながれば幸いである。

特集〈Basic Science〉神経系疾患における炎症と免疫
  序    伊藤美菜子
  脳梗塞における自然免疫系と獲得免疫系のはたらき 小山 龍樹ほか
  アルツハイマー病における炎症と免疫 齊藤 貴志
  うつ病における炎症と免疫 久良木聡太ほか
  自閉スペクトラム症における炎症と免疫 粟田 夏海ほか
  ゴーシェ病の神経症状における炎症と免疫 清水  隆ほか

特集〈Clinical Science〉ここが変わった,新しくなった! ANCA関連血管炎Up to date
  序 西出 真之
  ANCA関連血管炎の新たな分類基準 佐田 憲映
  ANCA関連血管炎の新たな治療戦略 住友 秀次
  本邦のANCA関連血管炎診療ガイドライン     長坂 憲治
  ANCA関連血管炎のシングルセル解析研究 西出 真之
  ANCA関連血管炎におけるNETosisと病態への関与 楠 加奈子ほか

■ワクチン開発研究のカンブリア紀;近未来の課題と展望 第9回
  ワクチン開発におけるGHITファンドの課題と展望 國井  修ほか
 
リウマチ性疾患の臓器障害 第1回
  リウマチ性疾患における多臓器障害のメカニズム 久保 智史ほか

■講座―HLAと疾患
  HLA遺伝子における新たな遺伝子発現解析法 椎名  隆ほか

医学用語解説
  中條・西村症候群/プロテアソーム関連自己炎症性症候群 金澤 伸雄

ページトップへ