医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > LOCO CURE > LOCO CURE 2023年11月号 (Vol.9 No.4)

LOCO CURE 2023年11月号 (Vol.9 No.4)

■編集主幹
田中  栄:東京大学大学院医学系研究科外科学専攻感覚運動機能医学講座整形外科学教授
■編集幹事
秋山 治彦:東海国立大学機構岐阜大学大学院医学系研究科整形外科学教授
石橋 英明:医療法人社団愛友会伊奈病院 副院長/整形外科部長
西田圭一郎:岡山大学病院運動器疼痛センター教授
宮腰 尚久:秋田大学大学院医学系研究科整形外科学教授

  • A4判/92頁
  • 2023年11月発行
商品コード : 978-4-86550-612-9
価格 : 2,420円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集:健康日本21(第三次)に向けて:ロコモ啓発の今とこれから
厚労省より健康日本21(第三次)が告示され、ロコモの予防や骨粗鬆症検診受診率の向上はますます重要となっている。今号では、厚労省、日本整形外科学会、ロコモ チャレンジ!推進協議会などでこれまでロコモ啓発をになってこられた方々に、それぞれの活動の「今とこれから」についてお話しいただいた。

■座談会
 健康日本21(第三次)において日本整形外科学会に求められる役割
 中島康晴 大江隆史 小田琢也

■特 集 健康日本21(第三次)に向けて:ロコモ啓発の今とこれから
 Overview(序) 中島康晴
 健康日本21(第三次)における身体活動を介した
 国民の健康寿命延伸に向けた厚生労働省の
 ロコモへの取組 小田琢也
 フレイル・ロコモ克服のための
 医学会宣言とその後の活動 大江隆史
 ロコモ対策のための他分野との連携と協働 石橋英明
 ロコモPR戦略の今とこれから 野口 真理子
 SLOC(エスロック)のこれまでの歩みとこれから  林 承弘
 ロコモの更なる啓発をめざして
 ―日整会100年プロジェクトの役割― 中島康晴
 クリニカルクエスチョン 
 勤労者のロコモ 中村 英一郎
 クリニカルクエスチョン◆
 認知症発症予防における筋力・運動機能維持の重要性:
 久山町研究 二宮利治

●連 載
 〔処方エキスパートへの道〕
 ロモソズマブ終了後の薬剤選択のエビデンス 小林厚志ほか
 〔特別企画:誌上ディスカッション〕
 人工膝関節全置換術におけるキネマティックアライメント法を検討する
 .ネマティックアライメントの基本と留意点 松本知之
 ▲ネマティックアライメントの応用と有用性 二木康夫
 〔明日から役立つ外来の工夫〕
 肩鎖関節脱臼の保存療法 高瀬勝己
 〔自宅でできるリハビリテーション〕
 肩関節周囲炎 神戸克明
 〔施設探訪 ーより良いロコモ診療を求めてー〕
 一般財団法人 鎌倉病院 関節・脊椎センター
 〜最新の関節,脊椎手術を追求する整形外科病院〜 三松興道
 〔ロコモ ティールーム〕
 教えをいただいた3人の師 遠藤直人

ページトップへ