医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > 炎症と免疫 > 炎症と免疫 2023年3月号 (Vol.31 No.2)

炎症と免疫 2023年3月号 (Vol.31 No.2)

■編集主幹
竹内 勤:埼玉医科大学副学長/慶應義塾大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
亀田 秀人:東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長

藤尾 圭志:東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学教授

  • B5判/96頁
  • 2023年2月発行
商品コード : 978-4-86550-588-7
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集〈Basic Science〉Senolysisと細胞競合―不都合な細胞を排除する生体恒常性のしくみ―
■特集〈Clinical Science〉儀織ぅ鵐拭璽侫Д蹈離僖掘爾箸修亮辺
特集<Basic Science> Senolysisと細胞競合ー不都合な細胞を排除する生体恒常性のしくみーでは、「不老長寿」に向けた大きな一歩となる生体恒常性維持にかかわる新たな発見について特集。特集<Clinical Science> I型インターフェロノパシーとその周辺では、儀IFN過剰産生によって引き起される自己免疫疾患「儀織ぅ鵐拭璽侫Д蹈離僖掘次廚良詑屬砲弔い董△修龍δ姪世帆螳稘世鮗栖飢C播に理解することを目指す。

特集〈Basic Science〉Senolysisと細胞競合―不都合な細胞を排除する生体恒常性のしくみ―
  序    反町 典子
  グルタミン代謝によるSenolysis制御 荒谷 紗絵ほか
  Senolysisと呼吸器疾患 津島 博道ほか
  細胞競合による不良細胞除去のしくみ 永田 理奈ほか
  上皮細胞によるMHC—鞠Ъ韻魏陲靴唇枉鏨道 鮎川 志優ほか
  上皮幹細胞の品質管理と老化のメカニズム 浅川 杏祐ほか
 
特集〈Clinical Science〉儀織ぅ鵐拭璽侫Д蹈離僖掘爾箸修亮辺
  序 佐藤浩二郎
  遺伝子変異による儀織ぅ鵐拭璽侫Д蹈離僖掘爾箸修亮N 片岡 伸介ほか
  インターフェロンと皮膚疾患 小宮根真弓
  全身性エリテマトーデスに対する
  儀織ぅ鵐拭璽侫Д蹈鸛乏歌屠 廣村 桂樹
  無筋症性皮膚筋炎にみられる特異自己抗体(抗MDA5抗体)の
  発見と病態の関与について 佐藤 慎二
  関節リウマチにおけるインターフェロンシグネチャーとその意義 佐藤浩二郎

■神経系と免疫の接点 第6回
  多発性硬化症と腸管 西井 慧美ほか
 
■ワクチン開発研究のカンブリア紀;近未来の課題と展望 第2回
  ワクチン研究におけるAI・データサイエンス利活用の課題と展望 川上 英良

■関節リウマチ・膠原病診療のピットフォールを回避するために 第1回
  No.1 肺疾患(間質性肺炎,器質化肺炎,胸膜炎 平田信太郎
  No.2 血管炎(皮膚症状以外)  岩田  慈ほか
 
■講座―脂質代謝と疾患
  細胞内脂肪酸代謝系によるT細胞の機能制御 遠藤 裕介

医学用語解説
  遺伝子改変T細胞療法の現状と課題 河本  宏

満喫!海外留学〜ラボとタウン紹介〜
  UCSFでの研究生活とサンフランシスコでの日常生活 日和 良介

ティールーム
 Equality vs Equity―若い医師・研究者に託したいこと― 石黒 直樹

ページトップへ