医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Thrombosis Medicine > Thrombosis Medicine 2022年9月号 (Vol.12 No.3)

Thrombosis Medicine 2022年9月号 (Vol.12 No.3)

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学副学長
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座特任教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院副院長兼消化器・肝臓病センター名誉センター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院侵襲制御救急センター顧問兼侵襲制御救急センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学総合医療センター血栓止血センター教授・センター長

  • A4判/88頁
  • 2022年9月発行
商品コード : 978-4-86550-556-6
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集【抗血栓療法中の患者に対する観血的検査・処置,手術,周術期管理の実際
高齢化社会を迎えたわが国において、抗血栓療法患者に対しても様々な観血的処置がおこなわれている。休薬すれば出血などのリスクは免れる一方血栓症のリスクが高まり、血栓性疾患で死亡することもある。このあたりの駆け引きが非常に困難であったが近年、血栓症/出血のリスクを回避して検査や処置をおこなうためのエビデンスが創生されつつある。本特集では、各領域の臨床現場での抗血栓療法中の患者管理についてエキスパートが解説。

■序文 岡本 好司
 
特集【抗血栓療法中の患者に対する観血的検査・処置,手術,周術期管理の実際】
 抗血栓療法患者における歯科診療時の管理 栗田  浩
 抗血栓療法患者における消化管内視鏡時の管理 原田  智ほか
 抗血栓療法患者における胆膵内視鏡時の管理 向井俊太郎ほか
 抗血栓療法患者における心臓手術の周術期の管理  大塚 文之
 抗血栓療法患者における非心臓手術周術期・観血的手技時の管理
上妻  謙
 抗血栓療法患者における消化器外科・一般外科周術期の管理 藤川 貴久
 抗血栓療法患者における緊急手術時の管理 田村 高廣

連載【自己免疫性凝固因子欠乏症のすべて】
第6回 自己免疫性後天性凝固第X因子(FX)欠乏症 荒幡 昌久ほか
◆連載【DAMPs,PAMPs,RAMPs】
第3回 DAMPsの放出機構と凝固活性化機序     伊藤 隆史
 
◆連載【COVID-19と凝固線溶系異常
第9回 補体経路と凝固線溶系 宮田 敏行ほか
   
◆連載【凝固系バイオマーカー】
第1回 凝固波形解析 和田 英夫ほか
 
◆ガイドライン ここがポイント!
2022年改訂版 末梢動脈疾患ガイドライン 東  信良

◆連載【研究室紹介】
第9回 大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科 加藤  恒ほか

ページトップへ