医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Microbiome Science > Microbiome Science 2023年7月号 (Vol.2 No.3)

Microbiome Science 2023年7月号 (Vol.2 No.3)

■編集主幹
内藤 裕二:京都府立医科大学大学院生体免疫栄養学講座教授
■編集幹事
安藤 朗:滋賀医科大学医学部消化器内科教授
井上 亮:摂南大学農学部応用生物科学科動物機能科学研究室教授
睫據|匍:京都府立医科大学大学院医学研究科医療フロンティア展開学・消化器内科学教室
      准教授

  • A4判/64頁
  • 2023年7月25日発行
商品コード : 978-4-86550-596-2
価格 : 2,750円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集:常在微生物叢の異常から自己免疫疾患を読み解く
第5号の特集テーマ:常在微生物叢の異常から自己免疫疾患を読み解くでは大きな発見があいついでいる自己免疫疾患に焦点を当てた。今後の新たな医療の視点になるであろう、マイクロバイオームとの関係をひも解く。

特集   常在微生物叢の異常から自己免疫疾患を読み解く
  特集にあたって       長谷 耕二
  乳幼児の腸内細菌は1型糖尿病発症にかかわる 田蒔 基行
  腸内細菌叢の異常が関節リウマチを誘導する 前田 悠一
  腸内微生物叢と自己免疫疾患との関連を
  腸内微生物叢シークエンシング解析により解明する  友藤 嘉彦ほか
  腸内細菌叢の変化から多発性硬化症の発症を捉える   山村 隆
  全身性エリテマトーデスと皮膚細菌叢の関連を探る  照井 仁ほか
  自己免疫性膵炎/IgG4関連疾患の発症に腸内細菌の乱れが関与する   三長 孝輔ほか

連載/プロバイオティクスのコレがすごい!
  第5回 わが国の伝統的な発酵漬物由来の乳酸菌
  Levilactobacilus brevis KB290と
  β-カロテンとの併用摂取が免疫機能に与える影響  里見 翔平ほか

連載/話題の論文をキャッチアップ!
  Basic 田岡 洋介ほか
  Clinical 山下 智也

連載/Microbiome news
  第31回 日本医学会総会(2023年4月21〜23日,東京) 睫據|匍

連載/今だから聞きたい! Q&A
  Akkermansia muciniphilaとは? 綾部 時芳
  16S rRNAとは? 井上 亮

ページトップへ