医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Microbiome Science > Microbiome Science 2022年10月号 (Vol.1 No.2)

Microbiome Science 2022年10月号 (Vol.1 No.2)

■編集主幹
内藤 裕二:京都府立医科大学大学院生体免疫栄養学講座教授
■編集幹事
安藤 朗:滋賀医科大学医学部消化器内科教授
井上 亮:摂南大学農学部応用生物科学科動物機能科学研究室教授
睫據|匍:京都府立医科大学大学院医学研究科医療フロンティア展開学・消化器内科学教室
      准教授

  • A4判/64頁
  • 2022年10月25日発行
商品コード : 978-4-86550-566-5
価格 : 2,750円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集:がん・感染症免疫と腸内細菌の関係を知る
『Microbiome Science』は腸内細菌に光をあて、その可能性を探り、最新の知見を提供する情報誌。第2号の特集では、がん・感染症領域に焦点を当てて腸内微生物叢研究のトピックスを厳選して紹介する。本号では、各テーマについて腸内微生物診療・研究の現況を示す。

特集   がん・感染症免疫と腸内細菌の関係を知る
  特集にあたって          睫據|匍
  Part1 がん免疫
  免疫チェックポイント阻害薬の臨床効果は腸内細菌で決まる 角田 卓也
  大腸がんにおける腸内細菌叢と腫瘍湿潤免疫担当細胞の関連を考える 菊池 智宏ほか
  Part2 感染症免疫
  HIV感染症における慢性炎症には腸内細菌叢の変化が関係する 石坂 彩ほか
  COVID-19と腸内細菌のかかわりを探る 平山  正昭ほか
  腸内細菌叢がClostridiodes difficileに与える影響を知る 馬場 重樹ほか

連載/プロバイオティクスのコレがすごい!
  第2回 免疫の司令塔を活性化させる
  ウイルス感染防御乳酸菌の発見と開発 藤原 大介

連載/話題の論文をキャッチアップ!
  Basic 後藤 義幸
  Clinical 萩原 真生ほか

連載/Microbiome news
  第26回 腸内細菌学会学術集会(2022年7月7・8日,東京) 長谷  耕二

連載/今だから聞きたい! Q&A
  ペットと暮らしているとペットの腸内細菌が移るのか? 池田  裕美
  ぅ咼侫ズス菌はお風呂で伝播するの? 小田巻  俊孝

ページトップへ