医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 炎症と免疫 > 炎症と免疫 2018年5月号 (Vol.26 No.3)

炎症と免疫 2018年5月号 (Vol.26 No.3)

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • B5判/88頁
  • 2018年4月発行
商品コード : 978-4-86550-381-4
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集〈Basic Science〉組織マクロファージ研究の新展開
特集〈Clinical Science〉リウマチ・膠原病の診療において注意すべき難治性疾患
特集<Basic Science>では、多くの臓器や組織で重要な生理的・病理的役割を担い、今後大きく発展する可能性に溢れた組織マクロファージについて、第一線で活躍する研究者が解説する。特集<Clinical Science>では、リウマチ・膠原病およびその類縁疾患の、稀ではあるが重要な難治性病態について、各領域の専門家が解説する。

特集〈Basic Science〉組織マクロファージ研究の新展開
  序  長澤 丘司
  組織マクロファージの系譜と維持機構 橋本 大吾
  脾臓や肝臓の組織マクロファージとその分化制御機構 香山 雅子
  腹腔マクロファージ〜機能と発生の分子基盤〜 岡部 泰賢
  単球由来マクロファージの前駆細胞 小内 伸幸ほか
  線維化を担うマクロファージ〜機能と発生の分子基盤〜 佐藤  荘
 
特集〈Clinical Science〉リウマチ・膠原病の診療において注意すべき難治性疾患
  序 沢田 哲治
  血球貪食症候群/マクロファージ活性化症候群 森  雅亮
  血栓性微小血管症 久保 政之ほか
  可逆性後白質脳症 川畑 仁人
  免疫再構築症候群 塩原 哲夫
  B型肝炎再活性化 浦田 幸朋
    
がん免疫 第9回
  次世代がん抗原ワクチン 鶴田 未季ほか
 
免疫病動物モデルの特長と限界 第9回 
  不育症動物モデル 相澤(小峯)志保子
 
■満喫!海外留学〜ラボとタウン紹介〜 第19回
   スタンフォード大学留学体験記 渡部  龍
   
■講座
  ストレスによる脳内炎症:現在の理解と今後の展望 北岡 志保ほか
   
■医学用語解説
  自然リンパ球 大瀧 夏子ほか
  
■ティールーム
  Dreams come‒true寛解
  〜小児リウマチ性疾患の新たな治療目標〜 武井 修治

ページトップへ