医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Angiotensin Research > Angiotensin Research2015年10月号 (Vol.12 No.4)

Angiotensin Research2015年10月号 (Vol.12 No.4)

■編集委員
小室 一成:東京大学大学院医学系研究科循環器内科学教授
鈴木 洋通:武蔵野徳州会病院院長
野出 孝一:佐賀大学医学部循環器内科教授
堀内 正嗣:愛媛大学大学院医学系研究科分子心血管生物・薬理学教授
松本 昌泰:広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門脳神経内科学教授

  • A4判/108頁
  • 2015年10月発行
商品コード : 978-4-86550-119-3
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
■特集:『バイオマーカーとRAS』
バイオマーカーは、疾患の診断、予後予測、治療効果の判定などさまざまな臨床的側面からその有用性が示されている。また、近年の研究によりレニン・アンジオテンシン系(RAS)は心血管疾患を中心として多くの疾患の発症や進展に関与することが明らかになっている。RASの構成因子、受容体、代謝酵素、さらにはこれらの蛋白質をコードする遺伝子の多型が、疾患のバイオマーカーとなることが期待される。本特集では、各種疾患におけるRASの役割とバイオマーカーとしての可能性について解説。RASバイオマーカー研究の今後の展望を概観できる内容となっている。
 
■特集:『バイオマーカーとRAS』 
    
■連載『RASのトピックス』  
   
■連載『RAS研究―ラボの最前線―』第12回 

 

ページトップへ