医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 書籍 > 循環器系 > 高血圧研究の歴史

高血圧研究の歴史

■編集
日和田 邦男:愛媛大学医学部第2内科教授

  • A5判/168頁
  • 2002年5月発行
商品コード : 4-88407-065-8
価格 : 3,520円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

月刊誌『血圧』の好評連載を読みやすく編集しなおし単行本化
Riva-Rocciによる血圧測定上腕カフ法の開発(1896)より幕を開けた20世紀高血圧研究。過去の研究成果から21世紀の血圧研究を見据えるための必読の書。パワフルなメッセージとして収載。

【主要構成】
 序
 々盞谿気稜Ъ: Riva-RocciからABPM
 高血圧研究の環境づくり: The Council for High Blood  Pressure Researchから日本高血圧学会まで
 Framingham研究から久山町研究まで
 に楝崟高血圧の成因をめぐって: PageとPickering
 グ篥舛ら遺伝子まで
 γ羶神経説をめぐって
 Э嫗\發鬚瓩阿辰
 ┘譽縫鵝Ε▲鵐献テンシン系の発見からノックアウトマウスまで
 二次性高血圧発見の歴史
 降圧薬療法の歴史: 降圧薬以前から個別治療時代まで
 大規模臨床試験: VA試験からALLHATまで
 高血圧治療ガイドライン: WHOガイドラインからJAS2000まで
 21世紀: 高血圧研究はどこへ向かうか
 

 

ページトップへ