医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 炎症と免疫 > 炎症と免疫 2018年1月号 (Vol.26 No.1)

炎症と免疫 2018年1月号 (Vol.26 No.1)

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • B5判/100頁
  • 2017年12月発行
商品コード : 978-4-86550-310-4
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集〈Basic Science〉異なる2病態の免疫学的関連
特集〈Clinical Science〉血管炎症候群の新治療ガイドライン
特集<Basic Science>では、これまで特段の関連性が見出せなかった2つの病態が、じつは免疫病態的に深く結びついていたという例を取り上げ、解説する。特集<Clinical Science>では、近年報告された一連の治療ガイドラインを一同に取り上げ、多彩な障害を呈する血管炎症候群の実態と、それに対する各専門領域の治療のあり方の共通性や相違について解説する。

特集〈Basic Science〉異なる2病態の免疫学的関連
  序  加藤 智啓
  特発性血小板減少性紫斑病とピロリ菌感染 桑名 正隆
  関節リウマチと歯周病 小林 哲夫ほか
    IgA腎症と扁桃炎 猪阪 善隆
  C型肝炎とクリオグロブリン血症 大岸 大岸 誠人ほか
特集〈Clinical Science〉血管炎症候群の新治療ガイドライン
  序 盧蝓)Ю
    大型血管炎の治療ガイドライン(高安動脈炎・巨細胞性動脈炎) 中岡 良和
  ANCA関連血管炎の診療ガイドライン 堤野 みちほか
  ANCA関連血管炎性中耳炎診療の手引き 岸部  幹ほか
  日本皮膚科学会の皮膚血管炎診療ガイドライン 川上 民裕
  急速進行性腎炎症候群ガイドライン(ANCA関連腎炎を含む)  要  伸也
  
がん免疫 第7回
  がん免疫におけるマクロファージの意義とその制御 菰原 義弘ほか
 
■満喫!海外留学〜ラボとタウン紹介〜 第17回
  英国・オックスフォードへの長期出張と家族での生活 黒木喜美子
   
■講座
  脳炎症と腸内細菌 能登 大介ほか
■医学用語解説
  メタボロミクス 福田 真嗣
■ティールーム
  アトピー性皮膚炎と経皮感作のパラダイムシフト 宮地 良樹
免疫病動物モデルの特長と限界 第7回
  天疱瘡モデルマウスの特徴 高橋 勇人
特別寄稿
  IgM Fc受容体(FcμR) 久場川博三ほか

ページトップへ