医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Calm > Calm 2018年1月号 (Vol.5 No.1)

Calm 2018年1月号 (Vol.5 No.1)

■監修
岡田洋右:産業医科大学医学部第1内科学講座

  • A4判/48頁
  • 2018年1月発行
商品コード : 978-4-86550-316-6
価格 : 1,100円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■Review
 糖尿病と腸内細菌
藤田 真隆ほか(慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科)
■CGMの「イロハ」教えます
 実践編 CGMのある一例からみる治療戦略のディシジョンメイキング
   〜その◆Basal-Bolusインスリン療法で治療していた
        1型糖尿病合併妊娠の一例
辻野 大助(東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科)
■トピックス-最新の知見-
 2型糖尿病患者の血糖変動とHbA1cの関連
        元 舞子ほか(産業医科大学医学部第1内科学講座)
   2型糖尿病における食後高血糖と心血管疾患,総死亡との関連
眸 淑子(朝日生命成人病研究所糖尿病代謝科)
■Case Study
   FreestyleリブレProを用いてDPP-4阻害薬にミチグリニド/ボグリボース
   配合錠を併用し,著効を確認し得た外来2型糖尿病の2例
                猪口 哲彰ほか(いのくち医院内科)
   インスリングラルギン,リラグルチド,ルセオグリフロジンで加療中に,
   ミチグリニド/ボグリボース配合錠の追加が血糖変動の改善に有用であった
   2型糖尿病の1例
                                                                     亀井 望ほか(広島赤十字・原爆病院 内分泌・代謝内科)
 
■Q&A
 Q8 GIとカーボカウントについて教えてください
西川 直子ほか(大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学)
■- 対 談-
 糖尿病の発症・進展におけるホルモンの関与と血糖値の変動
 岡田 洋右                    ×                  稲垣 暢也
(産業医科大学医学部第1内科学講座)    (京都大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌・栄養内科学)
 

ページトップへ