医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > IBDクリニカルカンファレンス > IBDクリニカルカンファレンス Vol.1 No.2

IBDクリニカルカンファレンス Vol.1 No.2

■編集顧問
日比 紀文:北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センターセンター長
鈴木 康夫:東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター特任教授・センター長

  • A4判/40頁
  • 2019年5月発行
商品コード : 978-4-86550-405-7
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ステロイド抵抗性重症 UC はどのように診療すべきか
潰瘍性大腸炎の重症例に対するファーストラインとしてステロイドが推奨されている。しかし、実臨床ではステロイド抵抗性の重症例に遭遇するケースは少なくない。今号はステロイドに反応を示さない症例2例を取り上げ、診療の考え方・アルゴリズム・注意点を議論していく。

■IBD クリニカルカンファレンス
   ステロイド抵抗性重症 UC はどのように診療すべきか
  横山  薫,大森 鉄平,吉澤  繁,山下 真幸,辰巳 健志
この症例は何でしょう―表・裏      眥 典孝
       
シリーズ基本の基本
   薬剤編:チオプリン製剤 仲瀬 裕志
   診断編:クローン病診療におけるバルーン内視鏡の意義                    辻川 知之
若手研究者インタビュー           安川 重義
臨床医が知っておくべきIBDの病理基礎講座
   潰瘍性大腸炎(活動期)の病理組織像 根木 真理子
海外留学生だより
  University of Michigan Linda Samuelson lab留学体験記  堀田 伸勝
IBD論文ウォッチ
 

ページトップへ