医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Calm > Calm 2019年7月号 (Vol.6 No.2)

Calm 2019年7月号 (Vol.6 No.2)

■監修
岡田洋右:産業医科大学医学部第1内科学講座

  • A4判/56頁
  • 2019年7月発行
商品コード : 978-4-86550-415-6
価格 : 1,100円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■Review
 進化する血糖変動の世界〜リアルタイムCGM機器の登場にあたって
西村 理明(東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科)
CGM/FGMの「イロハ」教えます
 実践編:施設での運用の仕組み作り
前田 泰孝ほか(南糖尿病臨床研究センター)
■トピックス-最新の知見-
 急性冠動脈症候群患者におけるCGMを用いた予後予測の有用性
            岩橋 徳明(横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター)
■Case Study
   無自覚性低血糖を伴った胃切除後ダンピング症候群の早期診断にFGMが有用
   であった一例
                末丸 大悟ほか(前橋赤十字病院 糖尿病・内分泌内科)
   GLP-1受容体作動薬にダパグリフロジンとミチグリニド/ボグリボース配合錠
   を併用し平均血糖値と食後高血糖が改善した高齢2型糖尿病の1例〜持続血糖
   モニター(CGM)による検討〜
藤原  豊(KKR札幌医療センター 代謝・内分泌・糖尿病内科)
   強化インスリン療法中の1型糖尿病患者へのイプラグリフロジン併用に伴う
   血糖日内変動の変化
高橋  紘ほか(東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科)
■Q&A
 Q12 飲酒が血糖値(血糖変動)に及ぼす影響について教えてください
鳥本 桂一(産業医科大学医学部第1内科学講座)
 Q13 CGMを実施する場合,算定の対象となる患者について詳しく教えて
            ください〜平成30年度診療報酬改定を受けて
野原  栄(独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター 糖尿病・内分泌内科)
■- 対 談-
 論文投稿のススメと論文執筆の際の注意点
 岡田 洋右                    ×                 矢部 大介
(産業医科大学医学部第1内科学講座)    (岐阜大学大学院医学系研究科 内分泌代謝病態学)

ページトップへ