医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Thrombosis Medicine > Thrombosis Medicine 2022年12月号 (Vol.12 No.4)

Thrombosis Medicine 2022年12月号 (Vol.12 No.4)

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学副学長
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座特任教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院副院長兼消化器・肝臓病センター名誉センター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院侵襲制御救急センター顧問兼侵襲制御救急センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学総合医療センター血栓止血センター教授・センター長

  • A4判/74頁
  • 2022年12月発行
商品コード : 978-4-86550-571-9
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集【COVID-19と凝固線溶・血管内皮細胞系―その後の展開―
進歩の一途であった現代医学の歴史の中に突如としてCOVID-19が出現し、本感染症による炎症は肺に限らず、全臓器に及ぶことが明らかになってきた。その原因として本ウイルス(SARS-CoV-2)が全身に普く分布している血管内皮細胞のACE2を標的としているためとされている。COVID-19 が凝固線溶・血管内皮細胞系に及ぼす影響についても精力的に研究が続けられており、本特集ではその最新知見を紹介。

■序文 丸山 征郎
 
特集【COVID-19と凝固線溶・血管内皮細胞系―その後の展開―】
 COVID-19:最近の動向 西 順一郎
 COVID-19の臓器障害 丸藤  哲
 COVID-19の治療の動向 北島  勲
 COVID-19の血栓塞栓症の特徴  十時 祟彰ほか
 COVID-19ワクチン:有効性と副反応 七戸 新太郎ほか

連載【スナップショット ─興味深い!症例を画像から学ぶ─】
第1回 プロテインC欠乏症 江上 直樹ほか
◆連載【凝固系バイオマーカー】
第2回 Dダイマー測定の意義    和田 英夫ほか
 
◆連載【敗血症診療ガイドライン2020 DICの診断と治療
第1回 敗血症診療ガイドライン2020 総論 射場 敏明
   
◆連載【COVID-19と凝固線溶系異常】
第10回 凝固波形解析
       〜2022年7月に公表された
    国際血栓止血学会ガイドラインを中心に〜 森下 英理子

◆連載自己免疫性凝固因子欠乏症のすべて】
第7回 自己免疫性凝固第II因子欠乏症とその類縁病態
            〜LAHPSを中心に〜 家子 正裕ほか

◆連載【研究室紹介】
第10回 東京大学大学院医学系研究科 生体管理学講座
              救急集中治療医学教室     早瀬 直樹ほか

ページトップへ