医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > LOCO CURE > LOCO CURE 2022年5月号 (Vol.8 No.2)

LOCO CURE 2022年5月号 (Vol.8 No.2)

■編集主幹
田中  栄:東京大学大学院医学系研究科外科学専攻感覚運動機能医学講座整形外科学教授
■編集幹事
秋山 治彦:東海国立大学機構岐阜大学大学院医学系研究科整形外科学教授
石橋 英明:医療法人社団愛友会 伊奈病院 副院長/整形外科部長
西田圭一郎:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科生体機能再生・再建学講座整形外科准教授
宮腰 尚久:秋田大学大学院医学系研究科整形外科学准教授

  • A4判/88頁
  • 2022年5月発行
商品コード : 978-4-86550-548-1
価格 : 2,420円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集:足関節・足部疾患とロコモ
わが国では患者さん・医療者ともに、足部・足関節疾患に対する認識が、古くから靴の文化が根付いている欧米とくらべてまだまだ不足していると思われる状況である。超高齢社会に突入したわが国では、とくに足部・足関節の変性疾患に対する手術が増加している。現在のところ、高齢者の足部・足関節疾患とロコモとの直接的な関連を示すエビデンスは限られてる。しかし、足の問題はバランス能力や足以外の部位の痛みなど、全身の機能と関連する。本特集では、臨床や研究の第一線で活躍されている「足の病気の専門家」の先生方にご寄稿いただいた。本特集が、高齢者の足部・足関節疾患の診療に携わる足の外科医や、これから足の診療を学ぼうとする先生方のお役に立てれば幸いである。

■座談会
 足部・足関節疾患に対する治療はロコモを予防,改善するのか?
山口智志 須田康文 西村明展

■特 集  足関節・足部疾患とロコモ
 Overview(序) 山口智志
 SAFE—Qでみる足部・足関節疾患 三井寛之ほか
 外反母趾が足部機能や身体バランスに与える影響 嶋 洋明
 変形性足関節症が移動機能に与える影響 安井哲郎
 外反母趾患者の痛みやQOLに対する 
 足以外の痛みの影響―膝痛・腰痛との関連― 木村青児ほか
 変形性足関節症および外反母趾における     
 術後のロコモティブシンドローム改善効果 松原秀憲ほか
 クリニカルクエスチョン
 変形性足関節症に対する関節温存手術はどこまで適応できるのか? 野口幸志
 クリニカルクエスチョン        
 外反母趾に対する低侵襲手術の適応と限界 関 広幸
 
●連 載
 〔処方エキスパートへの道〕
 アバロパラチド(オスタバロ® 田中伸哉
 〔治療選択 誌上ディベート〕
 へバーデン結節の治療選択 人工関節 vs関節固定
 人工関節の立場から 宇佐美 聡
 関節固定の立場から 建部将広
 〔明日から役立つ 外来の工夫〕
 外来で軟部腫瘍に遭遇したら 永野昭仁ほか
 〔自宅でできるリハビリテーション〕
 綺麗に歩くためのリハビリ 南角 学ほか
 〔施設探訪 ーより良いロコモ診療を求めてー〕
 高齢化率が高い地域密着型病院が取り組む骨粗鬆症リエゾンサービス
 〜地域の「困った」を十善会グループで支える〜 野瀬範久
 〔ロコモ ティールーム〕
 わが家の「たぬき」狸とコロナからみえる環境問題 石黒直樹

ページトップへ