医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 書籍 > 運動器・整形外科 > 関節リウマチの鑑別診断

関節リウマチの鑑別診断

■編集
竹内 勤:慶応義塾大学名誉教授

 

  • B5判/72頁
  • 2022年4月発行
商品コード : 978-4-86550-549-8
価格 : 1,980円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

関節リウマチの診断において鑑別するべき17疾患、疾患領域をエキスパートが解説
関節リウマチの早期診断・治療において、他疾患との鑑別は非常に重要である。米国リウマチ学会(ACR)/欧州リウマチ学会(EULAR)2010年分類基準が発表されたが、関節リウマチ以外の疾患を鑑別することが必要である。そこで、日本リウマチ学会では鑑別するべき疾患リストを発表。鑑別難易度高から低の三つにグレード分けし、15の疾患グループを作成した。本書では、関節リウマチ診断の際に鑑別するべき代表的な疾患を一つ一つ取り上げ、その分野の専門家が丁寧に解説。日常診療にお役立ていただきたい一冊。なお、本書は雑誌『炎症と免疫』28巻第6号〜30巻第2号に掲載された同名連載の再編である。

01    全身性エリテマトーデス 
    
02    変形性関節症 

03    ウイルス感染に伴う関節炎

04    リウマチ性多発筋痛症 

05    乾癬性関節炎 

06    特発性炎症性筋疾患 

07    全身性強皮症と混合性結合組織病 

08    シェーグレン症候群 

09    血管炎症候群 

10    関節周囲の疾患(腱鞘炎,腱付着部炎,肩関節周囲炎,関節包炎) 

11    結晶誘発性関節炎 

12    体軸性脊椎関節炎 

13    反応性関節炎 

14    炎症性腸疾患に伴う関節炎 

15    スチル病 

16    ベーチェット病 

17    まれな類縁疾患 

ページトップへ