医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > IBDクリニカルカンファレンス > IBDクリニカルカンファレンス Vol.3 No.2

IBDクリニカルカンファレンス Vol.3 No.2

■編集顧問
日比 紀文:北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センターセンター長
鈴木 康夫:東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター特任教授・センター長

  • A4判/48頁
  • 2021年12月発行
商品コード : 978-4-86550-521-4
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

重症な股関節炎を合併した潰瘍性大腸炎の9歳女児
今号は、股関節痛から潰瘍性大腸炎(UC)の診断に至った小児患者を取り上げた。近年では腸管外合併症(EIM)からIBDが判明するケースが知られるようになり、腸管外の症状や非特異的な合併症にも注目することが重要となってきている。今号がUC診療における一つの参考となれば幸いである

■IBD クリニカルカンファレンス
    重症な股関節炎を合併した潰瘍性大腸炎の9歳女児
 新井 勝大、猿田 雅之、竹内 一朗、南部 隆亮
この症例は何でしょう―表・裏 竹中 健人
       
シリーズ基本の基本
    治療編:IBDに対する外科治療 小金井一隆
    診断編:LRG          飯島 英樹
若手研究者インタビュー   荒木 俊博
臨床医が知っておくべきIBDの病理基礎講座
    潰瘍性大腸炎(UC)の組織学的寛解と好中球 林  宏行
海外留学生だより
    University of Texas Southwestern Medical Center留学体験記 鈴木 康平
IBD論文ウォッチ
    2021年7月〜2021年10月 宮谷 侑佑

ページトップへ