医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > 精神科Resident > 精神科Resident 2022年 Winter号 (Vol.3 No.1)

精神科Resident 2022年 Winter号 (Vol.3 No.1)

■編集委員
岩田 仲生:藤田医科大学医学部精神神経科学教授
加藤 忠史:順天堂大学医学部精神医学講座主任教授
久住 一郎:北海道大学大学院医学研究院神経病態学分野精神医学教室教授
染矢 俊幸:新潟大学大学院医歯学総合研究科精神医学分野教授
中込 和幸:国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター理事長

  • A4判/90頁
  • 2022年2月発行
商品コード : 978-4-86550-535-1
価格 : 1,980円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

不安症
「不安症」とは、1980年に米国精神医学会のDSM-靴砲茲辰董∪い暴个辛駄召任△襦E時は「不安障害」と邦訳されていが、2013年にDSM-5になり、日本精神神経学会によって「不安症」に統一された。「不安症」は、最も頻度の高い精神疾患なので、診断・治療の知識、ノウハウは、若手からベテランまですべての精神科医にいて、決して欠かすことはできない。さらに、最新のバーチャル・リアリティー(VR)療法についての話題も載せた。是非、精読の成果を皆様方の日常臨床の場で活用していただければと、願うばかりである。

■特集 不安症
 特集にあたって  塩入 俊樹
  
初期対応
 Vignette1 初期対応
 限局性恐怖症 内田千代子
 Vignette2 初期対応 
 社交不安症 朝倉  聡
 パニック症と広場恐怖症  貝谷 久宜
 Column 不安症の脳機能画像研究最前線 浅見  剛
 Column 妊娠とパニック発作・パニック症 川村 清子
 全般不安症  大坪 天平
 
治療の基本
 薬物療法 高塩  理
 Column ベンゾジアゼピン系抗不安薬の使い方と止め方 山本 円香
 心理・社会的治療 ’知行動療法  清水 栄司
 Vignette3 治療の基本
 心理・社会的治療◆Virtual Reality Exposure System 福井 健人
 
入院治療
 Vignette4 入院治療
 不安症の入院適応:
 どのようなケースで入院治療が必要となるか 武藤 恭昌
 入院開始時/入院中/退院前に考えること 杉山 俊介
 Column 不安スペクトラム症(anxiety spectrum disorder)という考え方
大井 一高
外来治療
 メンタルクリニックにおける不安症の治療実践 原井 宏明ほか
 Column 不安症と強迫症の相違点:
 なぜDSM-5で強迫症は不安症から独立したのか? 松永 寿人
 Column 不安症と心的外傷後ストレス障害(PTSD)の相違点:
 なぜDSM-5でPTSDは不安症から独立したのか? 堀  弘明ほか
 
さまざまな対応
 Vignette5 退院後の対応
 小児・児童の不安症:発達障害も含めて 岡  琢哉
 高齢者の不安  忽滑谷和孝
 気分障害と不安症 安達  融
 Column 不安症ゲノム研究最前線 大井 一高
 
連  載
臨床研究法なんて怖くない!
 第6回 特定臨床研究を含む介入研究の調整・運営について 稲川 拓磨ほか
 
精神科医の身体管理 〜内科医がいない単科病院で働く君のために〜
 第6回 精神科医療とCOVID-19パンデミック 長嶺 敬彦
 
学術講演会記録集
 All for your smile
 〜統合失調症患者さんの明日を考える〜
精神科専門研修プログラムからの招待状
 北海道大学病院精神科神経科 橋本 直樹
 新潟大学医学部精神医学教室 江川  純
 
TOPIC
 コロナ禍における不安・不安症を考える 蔵満彩結実

ページトップへ