医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 炎症と免疫 > 炎症と免疫 2019年7月号 (Vol.27 No.4)

炎症と免疫 2019年7月号 (Vol.27 No.4)

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センターセンター長

  • B5判/88頁
  • 2021年4月発行
商品コード : 978-4-86550-505-4
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集〈Basic Science〉死細胞由来分子が巻き起こす炎症病態
■特集〈Clinical Science〉T細胞共刺激分子と免疫疾患up date

特集<Basic Science>細胞恒常性の破綻と炎症では、恒常性維持機構の仕組みと破綻が炎症応答を引き起こすメカニズムについて、最新の知見や治療戦略とともに紹介する。特集<Clinical Science> T細胞共刺激分子と免疫疾患 up dateでは、多くの免疫疾患をコントロールできる可能性をもつT細胞共刺激分子の現状について、現状や展開を各分野のエキスパートが紹介。より安全で効果的な臨床応用につなげたい。

特集〈Basic Science〉死細胞由来分子が巻き起こす炎症病態
  序 反町 典子
    プロテアソーム機能不全による自己炎症 改正 恒康
  直鎖状ユビキチン鎖による炎症制御 徳永 文稔
  アミノ酸トランスポーターがになうマクロファージの
   栄養代謝シグナルと炎症制御 小林 俊彦ほか
  細胞内核酸の恒常性制御とその破綻による炎症 平沼 亮祐ほか
  細胞老化が引き起こす炎症 脇田 将裕ほか
  
特集〈Clinical Science〉T細胞共刺激分子と免疫疾患up date
  序 松本  功
    CD28とCTLA—4 藤井  渉ほか
  LAG—3 藤尾 圭志
  OX40—OX40L系と免疫疾患 石井 直人
  CD40L 新納 宏昭
  PD—1 川畑 仁人
  
関節リウマチの鑑別診断 第4回
  No.7 全身性強皮症と混合性結合組織病 桑名 正隆
  No.8 シェーグレン症候群 本田 文香ほか
  
■講 座  
  ヒトトロンボモジュリンの新たな抗炎症作用
        ―白血球インテグリンとの相互作用― 川本 英嗣ほか
  
■医学用語解説
  オプトジェネティクス
       ―神経活動の操作から末梢細胞機能の操作へ― 山中 章弘

ページトップへ