医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 消化器病学サイエンス > 消化器病学サイエンス 2019年9月号 (Vol.3 No.3)

消化器病学サイエンス 2019年9月号 (Vol.3 No.3)

■編集顧問
渡辺  守:東京医科歯科大学理事・副学長,高等研究院院長・特別名誉教授
■編集幹事
猿田 雅之:東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科主任教授
仲瀬 裕志:札幌医科大学医学部消化器内科学講座教授
久松 理一:杏林大学医学部消化器内科学教授
溝口 充志:久留米大学医学部免疫学講座主任教授

  • A4判/72頁
  • 2019年9月発行
商品コード : 978-4-86550-406-4
価格 : 2,750円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集:IgG4関連疾患病態解明への挑戦  ―臓器横断的研究からみえてきたもの!
IgG4関連疾患病態解明への挑戦―臓器横断的研究からみえてきたもの!本特集では、消化器分野にとどまらず臓器横断的にIgG4関連疾患の現状と未来に関する内容をIgG4各分野のトップランナーが解説する。

座談会 
  IgG4関連疾患―どこまで病態は解明されたのか?
   仲瀬裕志,山本元久,川野充弘,塩川雅広
                
特集 IgG4関連疾患病態解明への挑戦  ―臓器横断的研究からみえてきたもの! 
  Overview                仲瀬裕志
  IgG4とはどのような分子か? 渡邉智裕ほか
  消化器領域におけるIgG4関連疾患研究の
   過去・現在・未来 岡崎和一ほか
  免疫・膠原病領域におけるIgG4関連疾患研究の
   過去・現在・未来 高橋裕樹ほか
  呼吸器領域におけるIgG4関連疾患研究の
   過去・現在・未来 松井祥子
  循環器領域におけるIgG4関連疾患研究の
       過去・現在・未来          石坂信和
  眼科領域におけるIgG4関連疾患研究の
       過去・現在・未来 臼井嘉彦ほか
     
□連載
キーワード
  No.22 間葉系幹細胞 土屋淳紀
  No.23 エクソソーム 竹内 卓ほか
  No.24 ES細胞,iPS細胞 横尾 健
               
日本から発信されたサイエンス
  No.17   Arid1aはSox9の発現制御を介して
                  腸幹細胞維持に必須である 平松由紀子ほか
                
    No.18 潰瘍性大腸炎合併大腸癌に対する
                  サーベイランス大腸内視鏡により 
                  全生存率が改善する〜外科切除症例の
                  リアルワールドデータ 畑 啓介ほか
                
知らなきゃ損  腸管免疫学っておもしろい! 第9回
  新たに見つかった免疫細胞,自然リンパ球 澤新一郎
               

ページトップへ