医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 書籍 > 循環器系 > 高血圧研究の偉人達

高血圧研究の偉人達

■編集
荒川 規矩男:福岡大学名誉教授

  • A5判/217頁
  • 2005年6月発行
商品コード : 4-88407-192-1
価格 : 3,520円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

高血圧研究に多大なる貢献をした国内外の研究者達の功績・人物像を紹介した『血圧』誌連載のなかから、21人を取り上げ加筆、編集し直し単行本化。 
「高血圧研究」がどのように確立されてきたか―“圧”の発見から、大規模臨床試験に至るまで、高血圧研究関連分野で活躍した研究者は数多い。そのなかから21人の偉人をとりあげ、その研究業績をくわしく紹介。偉人と近しく関わったことのある著者らが語る彼らの生い立ちや、人物像も垣間見える、高血圧研究史を辿るにふさわしい一冊。

Part1:高血圧研究の糸口をつかんだ偉人達
 chapter1:Richard Bright
 chapter2:Robert Tigerstedt
 chapter3:高峰 譲吉
 chapter4:Scipione Riva-Rocci/Nicolai Sergeivich Korotkov
 
Part2:レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の偉人達
 chapter5:Harry Goldblatt
 chapter6:Eduardo Braun-Menéndez
 chapter7:Irvine H.Page
 chapter8:Leonard T.Skeggs
 chapter9:Jerome W.Conn
 chapter10:Franz Gross
 chapter11:F.Merlin Bumpus
 
Part3:レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系以外の偉人達
 chapter12:George W.Pickering
 chapter13:Arthur Clifton Guyton
 chapter14:岡本 耕造
 chapter15:Lewis Kitchener Dahl
 chapter16:Harvey Williams Cushing
 chapter17:Grant Winder Liddle
 
Part4:高血圧治療の偉人達
 chapter18:Walter Kempner
 chapter19:Edward D.Freis
 chapter20:Lennart Hansson

ページトップへ