医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 分子消化器病 > 分子消化器病 2015年3月号 (Vol.12 No.1)

分子消化器病 2015年3月号 (Vol.12 No.1)

■編集主幹
千葉  勉:京都大学大学院思修館
■編集幹事
木下 芳一:島根大学医学部内科学講座第二
高後  裕:国際医療福祉大学病院消化器センター
渡辺  守:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科消化器病態学

  • A4判/108頁
  • 2015年3月発行
商品コード : 978-4-86550-059-2
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集:希少消化器疾患に対する萌芽的研究の最前線
多くの消化器病専門医ですら遭遇する機会が少なく、また認知度の低い「希少消化器疾患」が少なからず存在する。本特集では、そのなかでもこれからわが国の臨床医がとくに知っておくべき疾患について、最前線の専門家が最新の知見を解説する。

■特集 希少消化器疾患に対する萌芽的研究の最前線
 
□連載  
■海外ラボ紹介  
 
■新しい消化器疾患動物モデル  
     
■シグナル伝達を理解するために必要な知識   
   
■アレルギーにかかわる分子と細胞を勉強してみよう! 
   
■海外論文解説―World Wide Topics― 
 
■日本人のヒット作品 
  

ページトップへ