医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 分子脳血管病 > 分子脳血管病2014年1月号 (Vol.13 No.1)

分子脳血管病2014年1月号 (Vol.13 No.1)

■編集主幹
内山真一郎:東京女子医科大学医学部神経内科学教授
■編集幹事
阿部 康二:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学教授
片山 泰朗:日本医科大学大学院医学研究科 神経内科学分野教授
塩川 芳昭:杏林大学医学部脳神経外科教授・脳卒中センター長
鈴木 倫保:山口大学大学院医学系研究科システム統御医学系学域脳神経外科学分野教授
松本 昌泰:広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門脳神経内科学教授

  • A4判/104頁
  • 2014年1月発行
商品コード : 978-4-88407-953-6
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
特集/糖尿病と脳卒中
■特集/急性期血行再建療法の新展開―4.5時間と血管内治療―
特集掬尿病と脳卒中では、認知症のみならず脳血管障害の原因としても注目されつつある血糖と脳血管障害の関連を解説。近年、話題となっている。DPP-4阻害薬と脳卒中の関係性についても、臨床試験データからの総説を掲載した。また、外科系の話題として特集兇任蓮急性期血行再建療法を取り上げ、2013年春の「ホノルルショック」を受けた血管内治療の現状と未来を模索。いずれも、各分野のオピニオンリーダー達が詳述している。
   
■特集/糖尿病と脳卒中 
■特集/急性期血行再建療法の新展開―4.5時間と血管内治療―   
    
■座談会  
 脳卒中研究・臨床におけるトピックス 2014  
  
■特集帰‥尿病と脳卒中   
 
■特集侠ゝ淦期血行再建療法の新展開―4.5 時間と血管内治療―  
 
■連載 脳血管障害の基礎知識  〜脳卒中専門医のための基礎知識〜 
 〈内科系〉 【第 5 回】  
 〈外科系〉 【第 5 回】 
      
■注目される病態関連分子  【第 20 回】 
  
●【最新のエビデンス】Late Breaking & Ongoing Clinical Trials  
 内科系【33】
 外科系【33】 
   
●【海外論文紹介】【Top Journal Up To Date】  
    
●脳卒中研究に必要な統計学の ABC  【第 5 回】 
 
●忘れられないあの一例 【第 12 回】  
 
●歴史上の有名人と脳卒中 【第 9 回】  
 
●脳卒中こぼれ話
    
●【Report】 第 11 回東京 Stroke フロンティア 
 

 

ページトップへ