医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 分子脳血管病 > 分子脳血管病2015年7月号 (Vol.14 no.2)

分子脳血管病2015年7月号 (Vol.14 no.2)

■編集主幹
内山真一郎:国際医療福祉大学臨床医学研究センター,山王病院・山王メディカルセンター脳血管センター長
■編集幹事
阿部 康二:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学教授
北川 一夫:東京女子医科大学医学部神経内科学主任教授
塩川 芳昭:杏林大学医学部脳神経外科教授・脳卒中センター長
鈴木 倫保:山口大学大学院医学系研究科システム統御医学系学域脳神経外科学分野教授
松本 昌泰:広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門脳神経内科学教授

  • A4判/92頁
  • 2015年7月発行
商品コード : 978-4-86550-088-2
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
■特集/超高齢社会における脳卒中治療のパラダイムシフト
■特集/SGLT2阻害薬:その脳血管領域へのインパクト

高齢化の止まらない日本社会において、高齢者・超高齢者に対する脳卒中診療のエビデンスづくりは急務ともいえる。しかし、高齢者を対象とした臨床研究は少なく、個人によるバリエーションも多種多様である。今回、特集気任麓体彎欧嚢睥霄圓稜沼潅羶芭鼎某爾携わる第一人者が高齢者の脳卒中の実態と診療の展望を詳述した。また、特集兇任篭畴上市の相次ぐSGLT2阻害薬に焦点をあて糖尿病と脳卒中の連関を概観するとともに、現時点での脳卒中症例に対する新薬使用の注意点と実態をまとめる。
   
■特集帰…狭睥霄匆颪砲ける脳卒中治療のパラダイムシフト  
  
■特集侠SGLT2阻害薬:その脳血管領域へのインパクト  
  
■連載 脳血管障害の基礎知識〜脳卒中専門医に知っておいてほしいキーワード〜 
      
■注目される病態関連分子 【第23回】 
 
■血管内治療・デバイス総覧 【第2回】 
  
●【海外論文紹介】【Top Journal Up To Date】  
    
●脳卒中専門医のためのリハビリテーション【第2回】  
 
●忘れられないあの一例【第15回】  
      
●歴史上の有名人と脳卒中【第12回】  
    
●脳卒中こぼれ話 
 

 

ページトップへ