医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 分子脳血管病 > 分子脳血管病2015年1月号 (Vol.14 No.1)

分子脳血管病2015年1月号 (Vol.14 No.1)

■編集主幹
内山真一郎:国際医療福祉大学臨床医学研究センター,山王病院・山王メディカルセンター脳血管センター長
■編集幹事
阿部 康二:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学教授
北川 一夫:東京女子医科大学医学部神経内科学主任教授
塩川 芳昭:杏林大学医学部脳神経外科教授・脳卒中センター長
鈴木 倫保:山口大学大学院医学系研究科システム統御医学系学域脳神経外科学分野教授
松本 昌泰:広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門脳神経内科学教授

  • A4判/116頁
  • 2015年1月発行
商品コード : 978-4-86550-041-7
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
■特集/高血圧と脳卒中
■特集/脳微小出血(microbleeds)

特集機峭盞谿気版沼潅罅廚任蓮◆惺盞谿擬N泥イドライン2014(JSH2014)』をはじめ、世界的に改定の続く高血圧治療と脳卒中に焦点をあて、年齢や脳卒中の病期に応じた適正な高血圧治療について概説した。また、特集供崘照小出血(microbleeds)」では、モダリティの進歩に伴い撮像されるようになった脳の微小出血を取り上げる。近年、この脳微小出血が脳出血の予測因子である可能性が指摘されており、本特集でも各分野の第一人者が臨床における脳微小出血の意義を詳述している。

 
■座談会  
    
■特集帰々盞谿気版沼潅  
    
■特集侠’照小出血(microbleeds)    
    
■連載 脳血管障害の基礎知識〜脳卒中専門医に知っておいてほしいキーワード〜 
 
■注目される病態関連分子  
 
      
■血管内治療・デバイス総覧  
 
●【海外論文紹介】 
 
●脳卒中専門医のためのリハビリテーション 
 
●忘れられないあの一例 
      
●歴史上の有名人と脳卒中
 
●脳卒中こぼれ話 浅野 孝雄 
    
●【Report】第12回東京Strokeフロンティア 
 

 

ページトップへ