医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 分子脳血管病 > 分子脳血管病2012年10月号 (Vol.11 No.4)

分子脳血管病2012年10月号 (Vol.11 No.4)

■編集主幹
内山真一郎:東京女子医科大学医学部神経内科学教授
■編集幹事
阿部 康二:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科脳神経内科学教授
片山 泰朗:日本医科大学大学院医学研究科 神経内科学分野教授
塩川 芳昭:杏林大学医学部脳神経外科教授・脳卒中センター長
鈴木 倫保:山口大学大学院医学系研究科システム統御医学系学域脳神経外科学分野教授
松本 昌泰:広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門脳神経内科学教授

  • A4判/112頁
  • 2012年10月発行
商品コード : 978-4-88407-839-3
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
特集 現実味を帯びつつある,脳卒中再生医療の臨床応用
従来の血流改善療法に、脳保護療法・t-PA・血管内治療デバイスなどが加わり、脳梗塞治療は「二次元的・平面的治療」に移行した。そしていよいよ再生医療・遺伝子治療は現実味を帯びはじめ、「三次元的・立体的治療」の段階に至りつつある。このように編者が従来から提唱する「脳梗塞治療の三段階説」を、基礎から臨床にトランスレートする最新の話題を各分野の第一人者がレビューした。
   
■特集■現実味を帯びつつある,脳卒中再生医療の臨床応用
     
■連載ガイドラインを読み解く【第 8 回】   
 
■脳卒中専門医のための脳血管障害の画像診断【第 44 回】
 
■注目される病態関連分子【第 15 回】
 
●【最新のエビデンス】Late Breaking & Ongoing Clinical Trials  
 内科系【28】
 外科系【28】 
   
●【海外論文紹介】【Top Journal Up To Date】  
    
●脳卒中専門医のための Key Word 解説【第 8 回】
 
●歴史上の有名人と脳卒中 【第 4回】  
 
■特別寄稿 

 

ページトップへ