医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Calm > Calm 2018年7月号 (Vol.5 No.2)

Calm 2018年7月号 (Vol.5 No.2)

■監修
岡田洋右:産業医科大学医学部第1内科学講座

  • A4判/64頁
  • 2018年7月発行
商品コード : 978-4-86550-349-4
価格 : 1,100円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■Review
 J-DOIT3が示すわが国における適切な糖尿病治療のあり方
植木 浩二郎(国立国際医療研究センター研究所 糖尿病研究センター)
 GLP-1受容体作動薬の新たな局面
近藤 義宣ほか(横浜市立大学附属市民総合医療センター 内分泌・糖尿病内科)
CGM/FGMの「イロハ」教えます
 今日からはじめるFGM〜知っておきたい基本編〜
岡村 將史(公立学校共済組合東北中央病院代謝・内分泌内科)
■トピックス-最新の知見-
 遅い時刻の食事摂取による食後高血糖とその改善へのアプローチ
            今井 佐恵子ほか(京都女子大学家政学部食物栄養学科)
■Case Study
   FGMにより低血糖関連自律神経応答障害を評価し得た1例
                飯竹 千恵ほか(いいたけ内科クリニック)
   FreeStyleリブレ®を活用しDPP-4阻害薬とミチグリニド/ボグリボース配合錠
   の併用で低血糖なく血糖日内変動幅平坦化を達成できた高齢2型糖尿病の1例
金城 瑞樹ほか(東林間かねしろ内科クリニック)
   テネリグリプチン内服下にミチグリニド追加投与後,ミチグリニド/ボグリボース
   配合錠に変更して血糖平坦化をはかれた2型糖尿病の1例
清水 縁ほか(しみずクリニックふさ内科)
   FreeStyleリブレ Proガイド下のミチグリニド/ボグリボース配合錠の追加が
   血糖日内変動の改善に有用であった虚血性心疾患を有する2型糖尿病の1例
黒田 優ほか(明石医療センター循環器内科)
   FreeStyleリブレ ProおよびFilemaker Proが治療選択に有用であった1症例
中島 芳樹(なかじま糖尿病内科)
■Q&A
 Q9 自己血糖測定時の測定部位による測定結果や痛みの相違について教えてください
目黒 周(慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科)
 Q10 コンビニ弁当を上手に活用した食事指導の方法を教えてください
福井 俊弘(神戸赤十字病院栄養課)
■- 対 談-
 患者をホンキにさせる糖尿病診療〜食事から服薬管理まで〜
 岡田 洋右                    ×                 弘世 貴久
(産業医科大学医学部第1内科学講座)    (東邦大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野)
 

ページトップへ