医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > 炎症と免疫 > 炎症と免疫 2018年7月号 (Vol.26 No.4)

炎症と免疫 2018年7月号 (Vol.26 No.4)

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

  • B5判/88頁
  • 2018年6月発行
商品コード : 978-4-86550-346-3
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集〈Basic Science〉エクソソーム最前線
■特集〈Clinical Science〉がんのPrecision Medicineのための遺伝子診断

特集<Basic Science>では、エクソソームの特徴をそれぞれの専門家が各自の専門分野から紹介するとともに、将来の研究の方向性を示す。特集<Clinical Science>では、国内のPrecision Medicineの第一人者が、わが国における現状と問題点を解説する。

特集〈Basic Science〉エクソソーム最前線
  序  森田 育男
  がんの進展におけるエクソソームの役割と臨床応用への可能性 占部 文彦ほか
  血管とエクソソーム 井上カタジナアンナほか
  エクソソームによるマクロファージの制御 吉田 孟史ほか
  神経筋疾患 筋ジストロフィーとエクソソーム 橋戸 和夫
  エクソソーム糖鎖とその機能 下田 麻子ほか
特集〈Clinical Science〉がんのPrecision Medicineのための遺伝子診断
  序 野 友昭
    大規模がんゲノムデータの集積と診断・治療開発への応用 土原 一哉
  肺癌PD-L1 IHC検査 元井 紀子
  ALK診断の現状 真砂 勝泰ほか
  EGFR遺伝子変異診断の現状 石井 秀宣ほか
 
  
がん免疫 第10回
  T細胞を用いた養子免疫療法
  (TIL, TCR/CAR遺伝子導入T細胞)  池田 裕明
 
免疫病動物モデルの特長と限界 第10回
  1型糖尿病モデルマウス 赤澤  諭
■満喫!海外留学〜ラボとタウン紹介〜 第19回
  米国国立衛生研究所(NIH)での研究と生活 細野 祐司
   
■講座
  自然リンパ球(ILC)と疾患 澤 新一郎
■医学用語解説
  BAFF/BLyS 保田 晋助ほか
■ティールーム
  雑 感 吉野 槇一

ページトップへ