医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > LOCO CURE > LOCO CURE 2020年2月号 (Vol.6 No.1)

LOCO CURE 2020年2月号 (Vol.6 No.1)

■編集主幹
田中  栄:東京大学大学院医学系研究科外科学専攻感覚運動機能医学講座整形外科学教授
■編集幹事
秋山 治彦:岐阜大学大学院医学系研究科整形外科学教授
石橋 英明:医療法人社団愛友会 伊奈病院整形外科部長
西田圭一郎:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科生体機能再生・再建学講座整形外科准教授
宮腰 尚久:秋田大学大学院医学系研究科整形外科学准教授

  • A4判/96頁
  • 2020年2月発行
商品コード : 978-4-86550-446-0
価格 : 2,420円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集:オリンピックスポーツと運動器医療におけるレガシー
いよいよ東京2020オリンピックの開催が迫ってきた。選手たちの活躍は、多くの人々に感動と活力を与え、これを機にスポーツを開始する人も増えるだろう。そのなかで運動器医療に携わる者として、スポーツが運動器に及ぼす様々な影響や効果を整理し、知見を広く還元するとともに、超高齢化社会における運動器医療への貢献を目指した医療や研究の活性化がオリンピックレガシーとして重要だ。そこで本特集では、スポーツ医学に携わる専門の先生方を中心にご執筆いただいた。

■座談会
 運動(スポーツ)習慣と運動器
中嶋耕平 石橋英明 鳥居 俊
■特 集 オリンピックスポーツと運動器医療におけるレガシー
 Overview(序) 中嶋耕平
 東京2020の医事運営 赤間高雄
 ジュニアアスリートの運動器傷害に対する取り組み(陸上競技) 鎌田浩史ほか
 ジュニアアスリートの運動器障害に対する取り組み(バスケットボール)         
 ―全国大会レベルの高校生バスケットボール選手における足関節捻挫の検診を経て―
中山修一ほか
 ジュニアアスリートの運動器障害に対する取り組み(競泳)                 半谷美夏ほか
 女性における骨の健康〜女性がよりよく生きるための方策〜 太田博明ほか
 若年期の高強度運動習慣が運動器に及ぼす影響 星川淳人
 クリニカルクエスチョン
 スポーツ外傷における高気圧酸素治療の適応と効果 柳下和慶
 クリニカルクエスチョン
 スポーツ傷害における体外衝撃波治療の適応と優位性 高橋謙二
 
●連 載
 〔処方エキスパートへの道〕
 テリパラチド(週2回投与製剤) 杉本利嗣
 〔治療選択 誌上ディベート〕
 デスモイドの治療選択 保存治療vs手術
 保存治療の立場から: 西田佳弘
 手術の立場から: 五木田茶舞
 
 〔明日から役立つ 外来の工夫〕
 テニス肘の保存療法(装具・ストレッチ・塞栓術など) 池上博泰
 〔自宅でできるリハビリテーション〕
 各種ロコモ運動(ロコトレ)の実際 帖佐悦男
  
 〔施設探訪 ーより良いロコモ診療を求めてー〕
 地域に根ざした救急医療と特色を生かした専門外来 前田浩行
 〔ロコモ ティールーム〕
 運動器診療の昔を偲び未来に思いを馳せる 菊地臣一

ページトップへ