医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Thrombosis Medicine > Thrombosis Medicine 2020年3月号 (Vol.10 No.1)

Thrombosis Medicine 2020年3月号 (Vol.10 No.1)

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学薬学部教授
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座特任教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院副院長兼消化器・肝臓病センターセンター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院侵襲制御救急センター顧問兼侵襲制御救急センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学副学長/内科学第一講座主任教授

  • A4判/90頁
  • 2020年3月発行
商品コード : 978-4-86550-445-3
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集【過凝固状態と抗凝固療法・止血療法のモニター】
現在においても血栓症の罹患率ならびに死亡率は依然として高いが,ワルファリンやヘパリン以外に低分子ヘパリン、DOACなども使用可能になった。一方で,高齢化に伴い出血の副作用が問題となってきているが、抗凝固薬のモニター法の進歩は少なく、その確立が急務である.本特集では,前血栓状態(過凝固状態)の解説から,各病態の凝固亢進状態とそのモニター,抗凝固療法の実際を,血栓症リスクが高い領域の第一線から紹介。

■序文 和田 英夫

特集【過凝固状態と抗凝固療法・止血療法のモニター】
  抗凝固療法のモニター:総論 和田 英夫ほか
  人工関節全置換術の抗凝固療法モニター  刀根 慎恵
  DVT/PE の過凝固状態と抗凝固療法 辻  明宏
  妊婦の凝固亢進と抗凝固療法 鳥谷部邦明
  APS の凝固亢進状態と抗凝固・抗血小板療法
  ならびにモニター 保田 晋助ほか
  心房細動における抗凝固療法 上塚 芳郎
  CWA による基礎的検討 涌井 昌俊

◆連載【線溶亢進型DIC】
第3回 腹部大動脈瘤とDIC 山田 真也ほか
◆連載【敗血症と血管内皮細胞障害】
第2回 電子顕微鏡から見た毛細血管内皮傷害 岡田 英志

◆連載【TMA とaHUS
第1回 血栓性微小血管症(TMA)の鑑別診断 宮川 義隆

◆連載【新規抗腫瘍療法と止血異常】
第1回 チロシンキナーゼ阻害薬と止血異常  小西 晶子ほか

◆連載【抗凝固薬とDIC】
第4回 2020 年を迎えて考えるDIC 研究の展望  射場 敏明 

ガイドライン ここがポイント!
総説 診療ガイドラインの最新の定義と活用 吉田 雅博

連載【凝固反応の騒乱・逸脱の正常化を目指す介入策】
第6 回 開発,待たれる突発する血栓症を予知し,
    回避する血栓止血学の発展  丸山 征郎 

ページトップへ