医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > Thrombosis Medicine > Thrombosis Medicine 2020年6月号 (Vol.10 No.2)

Thrombosis Medicine 2020年6月号 (Vol.10 No.2)

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学薬学部教授
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座特任教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院副院長兼消化器・肝臓病センターセンター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院侵襲制御救急センター顧問兼侵襲制御救急センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学副学長/内科学第一講座主任教授

  • A4判/90頁
  • 2020年6月発行
商品コード : 978-4-86550-465-1
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

特集【がん関連血栓症の診断と治療】
がん患者において血栓症は重要な合併症のひとつであり、その対応を怠ると最悪の場合は死に至る危険もある。がん関連血栓症に対する最も重要な臨床的対策は的確な初期診断であり、それが治療および予防の礎となる。本特集では、がん関連血栓症の診断と治療の実臨床における問題点を中心に、興味深いレビューを専門家が紹介。腫瘍・循環器科がともに周知し、連携すべき情報が満載。

■序文 野村 昌作

特集【がん関連血栓症の診断と治療】
  がん関連血栓症 ─オーバービュー─ 野村 昌作
  がんに関連した静脈血栓塞栓症 池田 正孝ほか
  がん関連血栓症とOnco-Cardiologyの意義 向井 幹夫
  がん関連性静脈血栓症に対する抗凝固療法 志賀 太郎
  がんサバイバーの心血管リスク 塩山  渉
  がん化学療法による心毒性の機序と対策 赤澤  宏
  がんと脳梗塞 野川  茂

◆連載【線溶亢進型DIC】
第4回 心停止蘇生と線溶亢進型DIC 山田 真也ほか

◆連載【出血性病態とトラネキサム酸】
第1回 CRASH-2試験とトラネキサム酸 岡田 英志

◆連載【TMA とaHUS
第2回 非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)と補体 宮川 義隆

◆連載【新規抗腫瘍療法と止血異常】
第2回 IMiDsと血栓症 小西 晶子ほか

連載【凝固反応の騒乱・逸脱の正常化を目指す介入策】
第7 回 新型コロナウイルス感染症:
     この激烈な感染症の凝固線溶系は? 丸山 征郎

連載【研究室紹介】
第1回 金沢大学血液内科 血栓止血研究室 朝倉 英策

ページトップへ