書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Respiratory Medicall Research 2016年4月号 (Vol.4 No.2)

Respiratory Medicall Research 2016年4月号 (Vol.4 No.2)

ISBN: 978-4-86550-165-0

■編集主幹
大田  健:国立病院機構東京病院院長
■編集幹事
出原 賢治:佐賀大学医学部分子生命科学講座分子医化学分野教授
一ノ瀬正和:東北大学大学院呼吸器内科学分野教授
玉置  淳:東京女子医科大学内科学第一講座主任教授
東田 有智:近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科主任教授

  • A4判/74頁
  • 2016年4月発行
  • 定価 2,484円(本体 2,300 円 + 税)

数量:

■特集:呼吸器感染症の最新の話題
病原微生物による感染症の克服は最も重要な命題の一つであり、 その様相は時代とともに常に変化している。たとえば、わが国では高齢化に伴い肺炎によって亡くなる高齢者の割合も年々増加しているが、その発端はCOPDなどに併存する例、免疫能低下状態で発症する例、認知症患者でみられる反復する嚥下性肺炎など多様である。また、社会のグローバル化に伴い国外の病原微生物による感染症を経験することも増えてきた。一方で、種々のガイドラインや検査手技も発展をつづけており、早期に適切な治療を開始することは予後の改善だけに留まらず耐性菌の出現も予防できると期待される。このような背景をふまえ、本特集では呼吸器感染症の最近のトピックスを企画した。 日常の感染症診療に少しでもお役に立てれば幸いである。

 
■特集 呼吸器感染症の最新の話題
 序 玉置  淳
 市中肺炎 小佐井康介ほか
 ペニシリン系薬が無効な市中呼吸器感染症 宮下 修行
 免疫不全症に伴う呼吸器感染症 荒岡 秀樹
 結核と非結核性抗酸菌症 長谷川直樹
 呼吸器真菌感染症 渡辺  哲ほか
 ウイルス感染症に伴う呼吸障害 小林  治
 空気感染,飛沫感染予防のための病院環境整備 堀   賢
 輸入される呼吸器感染症〜輸入真菌感染症〜 田子さやかほか
 呼吸器内科のHIV マネジメント 藤井  毅
   
□連 載
■呼吸器疾患に関する注目の治療
 【第11 回】肺結核治療における短期・間欠療法レジメン 尾形 英雄
   
■呼吸器疾患に関する細胞生物学  
 【第2 回】 肺胞上皮細胞 諏訪部 章
   
■解説 比較的稀な肺疾患  
 【第2 回】 肺胞蛋白症 井上 義一
   
■ガイドラインのエッセンス  
 【第2 回】 喘息予防・管理ガイドライン2015 診断・治療のエッセンス 河瀬 成穂ほか
   
■呼吸器疾患モデル動物  
 【第2 回】 遺伝子改変マウスを用いたアレルギー性気道炎症の病態解析について
  平原  潔ほか

 

前のページへ戻る