書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

炎症と免疫 2021年7月号 (Vol.29 No.4)

炎症と免疫 2021年7月号 (Vol.29 No.4)

ISBN: 978-4-86550-511-5

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センターセンター長

関連カテゴリ

  • B5判/100頁
  • 2021年6月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集〈Basic Science〉自然免疫型T細胞の新展開
■特集〈Clinical Science〉膠原病で期待される標的療法~効果と今後への展望~
特集<Basic Science>では、糖脂質・脂質など多様な抗原を認識するT細胞群、生物学的にも臨床的にも新たな発見がつづく自然T免疫型胞分野について紹介する。特集<Clinical Science>では、近年多くの治療選択肢が生まれてきた膠原病領域の最新の情報・今後期待される薬剤や既存薬剤の方向性について解説する。

特集〈Basic Science〉自然免疫型T細胞の新展開
  序 山﨑  晶
    自然T細胞研究の進展 岩渕 和也
  NKT細胞の新たな分化機構 木村 元子
  iNKT細胞サブセットの機能獲得と胸腺内分化  
                                                                                                   ダシツォードル・ニャムバヤルほか
  MAIT細胞の分化機構と制御 若尾  宏
  MAIT細胞と疾患 千葉 麻子ほか
  γδT細胞の新たな機能 室 龍之介ほか
  リポペプチドを認識する新たなT細胞 森田 大輔ほか
   
特集〈Clinical Science〉膠原病で期待される標的療法~効果と今後への展望~
   山岡 邦宏
    関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬 岩井 秀之
    抗CD20抗体治療の変遷,効果と展望 花岡 洋成
    IL—6阻害療法の効果と展望 安岡 秀剛
    BAFF阻害薬の作用機序,使い方と今後の展望 宮﨑 佑介ほか
    抗補体治療の効果と展望 奥  健志
   
関節リウマチの鑑別診断 第5回  
  No.9 血管炎症候 落合 萌子ほか
  No.10 関節周囲の疾患(腱鞘炎,腱付着部炎,肩関節周囲炎,関節包炎) 高窪 祐弥ほか
   
■講 座  
  炎症・免疫機序による血栓止血のトピックス①  
        COVID-19関連凝固異常 森下英理子
   
■医学用語解説  
  組織マクロファージ 新庄 記子ほか
          
■満喫!海外留学~ラボとタウン紹介~  
  NYマンハッタンでの研究生活 ~コロナ禍での生活を含めて~ 金子 開知

 

前のページへ戻る