書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

精神科Resident 2021年 Spring号 (Vol.2 No.2)

精神科Resident 2021年 Spring号 (Vol.2 No.2) 季刊

ISBN: 978-4-86550-512-2

■編集委員
岩田 仲生:藤田医科大学医学部精神神経科学教授
加藤 忠史:順天堂大学医学部精神医学講座主任教授
久住 一郎:北海道大学大学院医学研究院神経病態学分野精神医学教室教授
染矢 俊幸:新潟大学大学院医歯学総合研究科精神医学分野教授
中込 和幸:国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター理事長

関連カテゴリ

  • A4判/92頁
  • 2021年4月発行
  • 定価 1,980円(本体 1,800 円 + 税)

数量:

依存症 レジデントが知っておきたい診断や治療のコツ!
物質依存とは異なる、行動嗜癖が最近新たに注目を浴びている。わが国ではゲーム障害などの行動嗜癖は法的対応が中心となり、真正面からとらえて治療をおこなえる医療機関は少なく、同様に医療者もかぎられている。これからの精神科医にとって依存症を治療することができるようになるための基本の一冊。

■特集 依存症 レジデントが知っておきたい診断や治療のコツ!
 特集にあたって  中込 和幸
    
初期対応  
 ビニエット初期対応  
 アルコール依存症 湯本 洋介
 薬物依存症  成瀬 暢也
 Column 精神科救急で違法薬物が検出されたときの対処 松本 俊彦
 Column 違法薬物(覚醒剤)の認知機能への影響  沖田 恭治
 ギャンブル障害 蒲生 裕司
 ゲーム障害 白坂 知彦ほか
 Column 国際診断分類における依存と嗜癖  真栄里 仁
   
治療の基本  
 ビニエット治療の基本
 薬剤・薬物治療 宮田 久嗣
 心理・社会的治療    
 ①<物質関連障害群>アルコール依存・薬物依存 村瀬 華子ほか
 心理・社会的治療  
 ②<非物質関連障害群>ギャンブル障害・ゲーム障害 佐久間寛之
 Column 物質依存と行動嗜癖(ギャンブル障害)の脳画像の共通点 髙橋 英彦
   
入院治療  
 ビニエット入院治療①  
 入院治療開始時に考えること 武藤 岳夫
 入院治療開始後に考えること 田中 増郎ほか
 ビニエット入院治療②  
 退院前におこなうべきこと・支援に向けて 橋本  望
   
外来治療  
 ビニエット外来治療  
 復職支援の実際・家族・職場とのかかわり 梅野  充
 社会資源の促進・利用  常岡 俊昭
 Column 依存症回復施設 近藤あゆみ
   
さまざまな対応  
 身体合併症を有するアルコール依存症患者への対応 横山  顕
 発達障害と依存症  村上 真紀
 不安・抑うつへの対応  船田 大輔
 依存症の睡眠障害への対応~安易な睡眠薬の使用には要注意~ 宇佐美貴士
 看護スタッフのかかわり 阿部かおり
 
連  載  
臨床研究法なんて怖くない!  
 第3回 モニタリングと監査~どのように研究データの質を保つか~ 稲川 拓磨ほか
   
精神科医の身体管理 〜内科医がいない単科病院で働く君のために〜  
 第3回 精神科でみられる「緊急性がある血糖値異常」 長嶺 敬彦
   
アルコール依存症治療~診断編~  
マンガで解説  
 アルコール依存症治療~診断編~  
   
TOPIC  
 ロボットを用いた精神疾患治療の可能性 熊﨑 博一

 

前のページへ戻る