書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

炎症と免疫 2021年3月号 (Vol.29 No.2)

炎症と免疫 2021年3月号 (Vol.29 No.2)

ISBN: 978-4-86550-494-1

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センターセンター長

関連カテゴリ

  • B5判/96頁
  • 2021年2月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集〈Basic Science〉感染免疫の分子制御メカニズム
■特集〈Clinical Science〉造血細胞移植後GVHD
特集<Basic Science> 感染免疫の分子制御メカニズムでは、さまざまな微生物感染に対して活性化される感染防御の分子機構について、自然免疫機構を中心にそのシグナル伝達機構について、ウイルス学的な最新のトピックスも組み入れて解説。特集<Clinical Science> 造血細胞移植後GVHDでは、移植成功の鍵を握る移植片対宿主病(GVHD)について、その病態、診断、治療に関して、各分野のエキスパートが最新の知見を紹介。移植医療への理解の深化をめざす。

特集〈Basic Science〉感染免疫の分子制御メカニズム
  序 髙岡 晃教
    インフルエンザウイルスに対する感染免疫シグナル機構 長井みなみほか
  コロナウイルス(SARS—CoV,SARS—CoV—2,MERS—CoV)  
      に対する感染防御機構とウイルス逃避 神谷  亘
  ショウジョウバエにおける抗ウイルス・シグナル伝達経路 岡戸  清ほか
     細菌感染時におけるシグナル認識と防御応答 猪原 直弘
  真菌に対する感染防御シグナル 西城  忍
  病原性寄生虫トキソプラズマに対する宿主生体防御 山本 雅裕
   
特集〈Clinical Science〉造血細胞移植後GVHD
  序 池添 隆之
    急性GVHDの病態 橋本 大吾
    慢性GVHDの病態 松岡 賢市
    GVHDの臨床病理 伊藤 雅文
    同種造血細胞移植後のステロイド不応性GVHDの  
        メカニズムに関する最新の知見 東梅 友美ほか
    ヒト間葉系幹細胞によるGVHD治療 藤井 紀恵ほか
   
ヒト免疫細胞の新しい解析手法 第5回  
  ヒト免疫細胞のマルチオミックス解析 鈴木 勝也ほか
   
関節リウマチの鑑別診断 第3回  
  No.5 乾癬性関節炎 宮川 一平ほか
  No.6 特発性炎症性筋疾患 藤尾 圭志
   
■講 座  
  炎症性疾患病態における血管ニッチの機能解明 服部 浩一ほか
   
■医学用語解説  
  マスサイトメトリー,CyTOF 戸村 道夫

 

前のページへ戻る