書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Diabetes Strategy 2020年  (Vol.10 No.4)

Diabetes Strategy 2020年  (Vol.10 No.4)

ISBN: 978-4-86550-482-8

■編集主幹
清野 裕:関西電力病院総長/関西電力医学研究所所長/京都大学名誉教授
■編集幹事
稲垣 暢也:京都大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌・栄養内科学教授
植木浩二郎:国立国際医療研究センター研究所糖尿病研究センター長
矢部 大介:岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学分野教授/関西電力医学研究所副所長
山田祐一郎:関西電力病院副院長
綿田 裕孝:順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学教授

関連カテゴリ

  • A4判/44頁
  • 2020年11月発行
  • 定価 1,980円(本体 1,800 円 + 税)

数量:

糖尿病とチーム医療
良好な血糖コントロール・合併症の抑制を達成するためには、適切な患者教育と支援が欠かせない。適切な患者教育・支援ならびにケアを実現するために、糖尿病領域は他科・スタッフ間の連携をはじめ、病診連携、病病連携をいち早く進めてきた。しかしながら、これまで積み重ねてきた体制は近年の情勢に従って大きく変化しようとしている。今回は専門クリニック、基幹病院、そして地域連携に詳しい3名の先生方をお招きして、近未来のチーム医療をご議論いただいた。是非ともご一読いただきたい。

座談会    Round Table Meeting  
 糖尿病とチーム医療
司会:矢部 大介
演者:遅野井 健    山田祐一郎    安西 慶三
   
コメント Comment  
加藤 丈博    北谷 直美    道口佐多子
 
■糖尿病のここがわからない!? 第39回  
    CGMの種類と適応・費用がわからない!? 中條 大輔
   
■Topics 最新の論文紹介  
   No.76 メトホルミン誘発性下痢のマウスモデル
               竹森  洋
   No.77 細胞内アミノ酸量の感知により膵β細胞量を調節するGCN2
            淺原俊一郎
   
糖尿病治療の臨床と研究の礎  第14回  
 栄養・食事療法の今昔 第2回 大部 正代
   
Rising Stars 輝ける研究者たち第35回  
インタビュー:笹子 敬洋先生
(東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科)
   

 

前のページへ戻る