書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Loco Cure 2020年11月号 (Vol.6 No.4)

Loco Cure 2020年11月号 (Vol.6 No.4)

ISBN: 978-4-86550-479-8

■編集主幹
田中  栄:東京大学大学院医学系研究科外科学専攻感覚運動機能医学講座整形外科学教授
■編集幹事
秋山 治彦:岐阜大学大学院医学系研究科整形外科学教授
石橋 英明:医療法人社団愛友会 伊奈病院 副院長/整形外科部長
西田圭一郎:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科生体機能再生・再建学講座整形外科准教授
宮腰 尚久:秋田大学大学院医学系研究科整形外科学准教授

関連カテゴリ

  • A4判/100頁
  • 2020年11月発行
  • 定価 2,420円(本体 2,200 円 + 税)

数量:

■特集:ロコモ・フレイルと栄養
本特集では、ロコモ・フレイルと栄養との関連性について、ロコモ・フレイル対策としての栄養評価・栄養介入とその重要性や可能性を中心に取り上げた。具体的には、ロコモとフレイルの概念や両者の接点、低栄養の評価や栄養管理、多職種連携の重要性や管理栄養士の役割、ロコモ・フレイルと栄養素・ビタミン類との関連性、さらにはロコモとフレイルの予防対策に向けた食生活の改善やリハビリテーション栄養の重要性などについて、各分野のエキスパートの先生方から最新の知見・トピックスや研究成果・将来展望を交えてわかりやすく解説、ご紹介いただいた。

■座談会  
 ロコモ・フレイル対策としての栄養の重要性とその実際
小川純人  石橋英明  石山優子
   
■特 集  ロコモ・フレイルと栄養
 Overview(序) 小川純人
 ロコモティブシンドローム(ロコモ)とフレイル 松井康素
 高齢者のフレイル・低栄養と管理栄養士の役割 木下かほり
 ロコモとカルシウム・リン     上西一弘
 ロコモとビタミンD・ビタミンK 津川尚子
 ロコモ・フレイル対策としての栄養・食生活の改善             新開省二
 リハビリテーションにおける栄養管理とその重要性 若林秀隆
 クリニカルクエスチョン①  
 ロコモ・フレイルに対するサプリメントの効果・可能性は? 久保 明
 クリニカルクエスチョン②  
 ロコモ・フレイルに対する機能性宇宙食の効果・可能性は?           石見佳子ほか
   
●連 載  
 〔処方エキスパートへの道〕  
 高齢者における抗不安薬の使い方 植田真司ほか
   
 〔治療選択 誌上ディベート〕  
 THA脱臼予防における治療選択 デュアル・モビリティvs大骨頭
 デュアル・モビリティの立場から: 大根田 豊
 大骨頭の立場から: 藤田貴也
   
 〔明日から役立つ 外来の工夫〕  
 頸椎・腰椎疾患(円背など)患者の枕の選び方 間違いだらけの
 枕選び~患者に正しい枕を指導しましょう~ 山田朱織
   
 〔自宅でできるリハビリテーション〕  
 がんロコモに対するリハビリテーション 城戸 顕ほか
    
 〔施設探訪 ーより良いロコモ診療を求めてー〕  
 骨粗鬆症診療への熱意 橋谷 実
   
 〔ロコモ ティールーム〕  
 新型コロナウイルス感染拡大で思うこと  
 ―収束後の日本を考える― 戸山芳昭

 

前のページへ戻る