書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

精神科Resident 2020年 Autumn号 (Vol.1 No.1)

精神科Resident 2020年 Autumn号 (Vol.1 No.1) 季刊

ISBN: 978-4-86550-485-9

■編集委員
岩田 仲生:藤田医科大学医学部精神神経科学教授
加藤 忠史:順天堂大学医学部精神医学講座主任教授/理化学研究所脳神経科学研究センター精神疾患動態研究チームチームリーダー
久住 一郎:北海道大学大学院医学研究院神経病態学分野精神医学教室教授
染矢 俊幸:新潟大学大学院医歯学総合研究科精神医学分野教授
中込 和幸:国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院長

関連カテゴリ

  • A4判/76頁
  • 2020年10月発行
  • 定価 1,980円(本体 1,800 円 + 税)

数量:

うつ病をどう診るか レジデントが知っておきたい診断や治療のコツ!
創刊号は病態生理が不明なうつ病をテーマに、初心の専攻医に知っておいて欲しい項目について、さまざまな観点から経験豊かな指導医によりまとめてもらった。オンデマンドの介入を多種職おこなう精神科医療において、専攻医のみならず現場の指導医の方々にとって参考となる情報をコンパクトかつ臨場感をもってお届けする。

■特集 うつ病をどう診るか レジデントが知っておきたい診断や治療のコツ!
 創刊の辞 岩田 仲生
    
初期対応  
 ビニエット初期対応①  
 ビニエット初期対応②  
 うつ病患者の鑑別診断 内藤  宏
 初診時対応のABC 内藤  宏
 初期対応決定のプロセス 内藤  宏
 Column開業医との診療情報のやりとり 赤松  拡
   
精神科治療の基本  
 ビニエット薬物治療
 うつ病の薬物治療 佐久間健二ほか
 Columnガイドラインはこう使え! 佐久間健二ほか
   
入院治療  
 入院開始時におこなうこと 齋藤 竹生
 入院中におこなうこと 江崎 幸生
 退院に向けておこなうこと 齋藤 竹生
   
入院治療の方法  
 ビニエット入院治療の方法  
 電気けいれん療法 川島 啓嗣
 うつ病のrTMS療法 都留 京子ほか
   
外来治療  
 ビニエット外来治療  
 復職支援の実際・家族・職場とのかかわり 趙  岳人
 うつ病における社会資源の促進・利用 大河内 智
 リワークへの紹介状の書き方 森脇 正詞
 olumn職場のメンタルヘルスとその対策の現状 奥山 真司
   
さまざまな対応  
 高齢者うつ病患者の対応 奥村 武則
 発達障害とうつ状態 古橋 功一
 うつ病治療の足を引っ張る睡眠障害への対処 山本真太郎ほか
 看護師のかかわり 小田 佳子
 Columnレジデントの日常紹介 藤田 明里
 Columnうつ病の生物学的研究最前線 池田 匡志
   
学術講演会記録集  
 「統合失調症薬物治療におけるドパミン過感受性(DSP)を考える」
   
連  載  
臨床研究法なんて怖くない!  
 第1回 臨床研究法とその強み 稲川 拓磨
   
精神科医の身体管理 〜内科医がいない単科病院で働く君のために〜  
 第1回 精神科病院での患者の急変とその対応 長嶺 敬彦
   
TOPIC  
 Neuralinkとは 藤井 直敬

 

前のページへ戻る