書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

Retina Medicine 2020年秋号(Vol.9 No.2)

Retina Medicine 2020年秋号(Vol.9 No.2)

ISBN: 978-4-86550-478-1

■編集主幹
石田 晋:北海道大学大学院医学研究院眼科学教室教授
■編集幹事
小沢 洋子:聖路加国際病院眼科部長/聖路加国際大学研究教授
近藤 峰生:三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座眼科学教授
園田 康平:九州大学大学院医学研究院眼科学教授
中澤 徹:東北大学大学院医学系研究科神経感覚器病態学講座眼科学分野教授
安川 力:名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学准教授
山城 健児:日本赤十字社大津赤十字病院眼科部長

関連カテゴリ

  • A4判/84頁
  • 2020年10月発行
  • 定価 3,080円(本体 2,800 円 + 税)

数量:

■特集:定着するのか!? 最新の術式
今号は、日本から世界に向けて新たな術式を発信しているエキスパートを筆者に迎え、各種疾患に対する最新の術式を解説していただいた。術式が定着するためには有用性や安全性の更なる検証が重要となる。本特集が読者の日常臨床のみならず、日本発の術式確立のきっかけになれば幸いである。

■特集:定着するのか!? 最新の術式
  Overview(序)  山城 健児
  硝子体切除術と強膜内陥術(強膜バックル術)   
  鈴木 浩太郎
  近視性牽引黄斑症・黄斑円孔網膜剥離 大杉 秀治
  糖尿病黄斑浮腫・増殖糖尿病網膜症 今井 尚徳
  黄斑円孔・分層黄斑円孔・黄斑前膜          的場  亮ほか
  ぶどう膜炎(ARN・VRL を含む) 丸山 和一ほか
  緑内障①〜流出路再建術〜 杉原 一暢ほか
  緑内障②〜濾過手術〜トラベクレクトミーとチューブシャント手術の
  特徴と使い分け 折井 佑介
  移植手術による網膜再生医療 栗本 康夫
  3D Heads-up Surgery システムと  
  内視鏡手術 喜多 美穂里
  網膜静脈閉塞症 林  篤志
   
■連載  
  ●注目のイチオシ論文 ―やさしく解説― 第17回
  MacTel type 2 とHSAN1 における
  セリンと脂質代謝異常 安川  力
   
   
 ●Retina 施設めぐり 第17回  
  研究室編  東京都医学総合研究所視覚病態プロジェクト
  原田 高幸
  外来施設編 東京医科大学病院眼科 川上 摂子
   
   
 ●今さら聞けないQ&A 第17回  
    Q1 GON とMON の違い・見分け方を教えてください
  東出 朋巳
   
    Q2 同じ遺伝子の異常でも違う病気になるのはなぜですか?
  林  孝彰
   
 ■ミニ知識コーナー  
  Retina 百科 第17回  
  ガイドライン作成時のプロセス管理 菅原 岳史

 

前のページへ戻る