書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

炎症と免疫 2020年9月号 (Vol.28 No.5)

炎症と免疫 2020年9月号 (Vol.28 No.5)

ISBN: 978-4-86550-475-0

■編集主幹
宮坂 信之:東京医科歯科大学名誉教授
■編集委員
東 みゆき:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授
高柳 広:東京大学大学院医学系研究科免疫学教授
竹内 勤:慶應義塾大学医学部教授
廣畑 俊成:北里大学医学部客員教授/信原病院副院長
山本 一彦:理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長

関連カテゴリ

  • B5判/104頁
  • 2020年8月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集〈Basic Science〉脈管のダイナミクスを支える機能分子解析の新展開
■特集〈Clinical Science〉JAK阻害薬の新展開
特集<Basic Science>では、生体の生命活動にとって重要なシステムである脈管系について、そのダイナミクスを支える調節機構における新知見を披露し、病態治療への展望を示す。特集<Clinical Science>では、関節リウマチに複数製剤が承認されたJAK阻害薬について、製剤による選択性の異なりや、様々な免疫性炎症性疾患への有用性を、各分野のエキスパートが解説。

特集〈Basic Science〉脈管のダイナミクスを支える機能分子解析の新展開
  序 馬嶋 正隆
  臓器特異的血管パターニング制御機構 伊賀 隆史ほか
  血管新生と維持機構の分子メカニズム 望月 直樹
  血管新生における内皮細胞の形態・運動を制御するシグナル機構 石井 智裕ほか
  RhoJによる血管内皮細胞運動と血管網パターン形成の制御機構 福嶋 葉子ほか
  iPS 細胞から血管内皮細胞への効率的な分化誘導および   
     内皮細胞の増殖 山下  潤
  ダウン症因子DSCR‒1と病的血管新生 南   敬
  治療標的としての腫瘍血管内皮細胞の特異性 間石 奈湖ほか
  虚血改善におけるトロンボキサンA2/TPシグナルの役割 天野 英樹ほか
   
特集〈Clinical Science〉JAK阻害薬の新展開
  序 亀田 秀人
    JAK阻害薬のJAK選択性の違いとその意義 森信 暁雄
    関節疾患におけるJAK阻害薬の有用性 小倉 剛久
    消化器疾患におけるJAK阻害薬の有用性 松浦  稔ほか
    皮膚疾患におけるJAK阻害薬の有用性 吉崎  歩
    膠原病の難治性病態や自己炎症性疾患における  
        JAK阻害薬の可能性 山岡 邦宏
   
サイトカインを標的とした生物学的製剤のこれまでとこれから    第4回
  喘息とサイトカインを標的とした生物学的製剤 大田  健
   
ヒト免疫細胞の新しい解析手法 第2回  
  ヒト免疫細胞のマルチカラーフローサイトメトリー解析 中山田真吾ほか
   
■講 座  
  血管内皮傷害  
         ~COVID‒19の重症化と血管内皮グリコカリックス?~ 岡田 英志ほか
   
■医学用語解説  
  シングルセルトランスクリプトーム 石川 昌和ほか

 

前のページへ戻る