書籍のご案内

定期刊行物のご案内

その他のご案内

分子呼吸器病 2020年3月号 (Vol.24 No.1)

分子呼吸器病 2020年3月号 (Vol.24 No.1)

ISBN: 978-4-86550-454-5

■編集幹事
青柴 和徹:東京医科大学茨城医療センター内科(呼吸器)教授
門田 淳一:大分大学医学部呼吸器・感染症内科学講座教授
西岡 安彦:徳島大学大学院医歯薬学研究部呼吸器・膠原病内科学分野教授
萩原 弘一:自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門教授
矢野 聖二:金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科教授

関連カテゴリ

  • A4判/92頁
  • 2020年3月発行
  • 定価 2,200円(本体 2,000 円 + 税)

数量:

■特集/呼吸器病学TOPICS 2019‒20
呼吸器病学TOPICS 2019-20 日本呼吸器病学会の学術部会10の分類すべてについて、最新のTOPICSを各分野のオピニオンリーダーが短く概説。

◆特 集/呼吸器病学TOPICS 2019‒20
※1〜10の分類は,日本呼吸器学会学術部会による分類  
 1.細胞・分子生物学  
 REToma:RET遺伝子異常をもつがん種 中奥敬史ほか
 肺がんの中枢神経系転移と分子標的薬耐性 矢野聖二
 2.アレルギー・免疫・炎症  
 喘息—COPDオーバーラップ症候群と転写抑制因子Bach2 桑原 誠ほか
 SASPによる慢性炎症とその制御 大森徳貴ほか
 3.形態・機能  
 間質性肺炎モデルマウスの構築 三浦陽子ほか
 4.閉塞性肺疾患  
 COPD発症における好塩基球の役割 柴田 翔ほか
 COPDにおける気道・腸管のmicrobiome 友田恒一
 5.びまん性肺疾患  
 肺線維症におけるシングルセル解析からみた肺細胞アトラス 渡辺知志
 SENSCIS trialからみた強皮症に伴う間質性肺疾患に対する抗線維化療法 桑名正隆
 6.感染症・結核  
 免疫チェックポイント阻害薬と感染症~免疫関連有害事象としての側面  
 Diagnostic Stewardship 大曲貴夫
 7.腫瘍  
 分子標的薬に対する抵抗性の分子機構と治療 山田忠明
 PD—L1抗体の耐性メカニズム 片山量平
 8.呼吸管理  
 高流量鼻カニュラ酸素療法の最新知見 永田一真ほか
 9.臨床諸問題  
 咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019のポイント 金子 猛
 2020東京オリンピック・パラリンピックに向けた感染症対策 中坪直樹
 10.肺循環・肺損傷  
 低酸素誘導性肺高血圧における骨髄由来細胞のNO合成酵素の役割 矢寺和博
   
◆第3回 最先端研究紹介  
 特発性間質性肺炎におけるクラウド型臨床・画像・病理統合データベースを用いた遠隔MDDの有用性
  藤澤朋幸ほか
   
◆第17回 肺サーファクタント分子病態研究会  
 掲載にあたって 高橋弘毅
 血清エクソソームの最新定量プロテオミクスを用いた線維化バイオマーカーの探索 白井雄也ほか
 線維化肺組織の細胞外基質が線維細胞のmiR—21発現に及ぼす影響の検討 佐藤正大ほか
 Syndecan—4はpoly(I:C)による肺の炎症を抑制する 佐藤佑樹ほか
 肺MAC症における血清L—Ficolinの意義 黒沼幸治ほか
 化学物質による間質性肺炎~難溶性インジウム化合物粉塵による肺障害の疫学研究
 から法規制まで~ 大前和幸

 

前のページへ戻る